ゾンビ

「Age of Z Origins」はどんなアプリゲーム?|遊んでみた感想

基本情報

料金 無料 (アプリ内課金)
テーマ ゾンビ/ホラー
システム 箱庭/タワーディフェンス
言語依存 日本語化済み
対象年齢 12歳以上
運営メーカー CAMEL GAMES LIMITED
アプリサイズ 約430MB

ゲームの概要

「Age of Z Origins」は、防衛拠点となる都市を改良しながら、迫りくるゾンビの群れを防ぐ箱庭×タワーディフェンスのアプリゲームです。

資源を生産・収集して都市機能を改良していくシヴィライゼーション的な要素と、開発した軍備でゾンビ戦を楽しむタワーディフェンス要素があります。

上記は「Age of Z Oringins」のメイン画面の様子です。「Age of Z」の基本は街づくりです。

都市機能を司る「メインホール」や防衛線の要になる「防御壁」、食料を栽培できる「農場」などを、建設・改築していくのがゲームの中心軸になります。

ポストアポカリプスな世界観にしては、かなり都市機能は充実しています。箱庭をコツコツと作り上げていくのが好きな人には、嬉しいゲーム性ですね。

資源は「食料」と「石油」の2種類だけです。ややこしい要素はなく、アプリ自体もサクサク動くので、かなり快適に街づくりを進められます。

何のために都市機能を改良しているのかというと、当然、ゾンビ戦に備えるためです。「Age of Z」のゾンビ戦は、タワーディフェンス形式のミニゲームで展開されます。

タワーディフェンス画面では、ゾンビのやってくる経路、武装を配備できるスポット、街の防御壁が表示されます。

わらわらと襲ってくるゾンビに突破されないように、上手くマシンガンやロケットランチャーなどを配置していきましょう!

ゾンビが防御壁にたどり着くと、街はダメージを受けます。ダメージを受け続け、防御壁が耐えきられなくなったら、ミニゲーム失敗です!

とはいえ、タワーディフェンスは無料でリトライできるので、うまく防衛できるように試行錯誤を楽しみましょう!

「Age of Z Oringins」のソーシャルな側面としては、同盟の要素があります。

「同盟」は、複数のプレイヤーで協力しあってゲームに参加する機能です。同盟に入ると、ほかのプレイヤーの活動に応じて、アイテムを得られたりできます。自分自身が同盟主になることも可能ですし、既存のチームに加えてもらうこともできます。

そして、なんと同盟間での戦争になることもあります!

アプリのレビューには「Age of Zはゾンビと戦うゲームではない。相手はほかのプレイヤー」「ゾンビの皮をかぶった陣取りゲーム」「朝起きたら街が燃えていた」というものがあるほどで、なかなかスリリングです。

ちなみに「Age of Z Origins」自体は海外で展開し、のちに日本に入ってきたゲームなので、英語圏のプレイヤーもたくさんいます。海外のプレイヤーと英語でやりとりするのも楽しいかもしれません。(もちろん、交流無しでも遊べます)

遊んでみた感想

イカアイコン

「Age of Z Origins」は、わりと真っ当な街づくり×タワーディフェンスだと思います。最初はどうやって進めればいいのか面くらいますが、カワイイ要素がないからか、かなり気軽にトライ&エラーで遊べます(笑)

Age of Z Origins」は、下のボタンからインストールできます。(無料)

Age of Z Origins(エイジ オブ ゼット)

Age of Z Origins(エイジ オブ ゼット)

CAMEL GAMES LIMITED無料posted withアプリーチ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です