goonie cafe|グーニーカフェ【江古田のボードゲームカフェ】

グーニーカフェの外観ボドゲカフェの紹介
ボドゲカフェの紹介
スポンサーリンク

店舗情報

店名goonie cafe
(グーニーカフェ)
アクセス西武池袋線 江古田駅
北口から徒歩2分
住所〒176-0004
東京都練馬区小竹町1-58-1 東京第6ビル2F
営業時間13:00~22:00
定休日なし
年末年始等はサイトで案内
TEL03-3958-7739
ボドゲ数230種類以上
お店の特徴ワンドリンク制、食べ物の持ち込み可能、Web予約可能、貸切可能、相席マッチング可、Free Wi-Fiあり、月間フリーパスあり、コワーキングスペース利用可、プロジェクター設備あり
goonie cafe (グーニーカフェ) の公式サイトはこちら
店員のルール説明:Good!!

お店の様子レビュー

グーニーカフェの外観
グーニーカフェの外観

江古田にあるボードゲームカフェ「goonie cafe」(グーニーカフェ)に行ってきたので、ご紹介します。

グーニーカフェは、江古田駅から徒歩1~2分の位置にあるボードゲームカフェです。池袋から10分ほどで行けるので、アクセスはなかなか良いです。

お店はビルの2階にあります。アーティスティックな外看板が目印です。

グーニーカフェの看板
グーニーカフェの看板

階段下に料金表を載せた看板があります。料金をまとめるとこんな感じです。(2019年8月現在)

平日土日祝
1時間500円600円
3時間1,000円1,200円
5時間1,500円1,800円
Free2,000円2,400円
ワンドリンク制:300円~

開店から閉店までいても3,000円は超えないですね。都内のほかのボードゲームカフェと比べると、若干ですが安いほうでしょうか。

ちなみに、後払いで、繰り上がり制です。1時間までだったらいくら、1時間を超えるとこちら、というシステム。自分たちでペースを調整しましょう。

また、学生なら平日のフリータイムが1,000円(ワンドリンク付き)になります。格安です。

江古田は、日本大学芸術学部や武蔵野音楽大学、武蔵大学といった大学が集まっている地域なので、特徴的なサービスですね。

グーニーカフェの店内
グーニーカフェの店内

店内の様子です。店員さんに許可をいただき、何枚かパシャリ。開店直後に行ったので、まだほかのお客さんはいません。

店内は落ち着いた雰囲気で、4人掛けのテーブル席が7つほどあります。テーブルは、重めのゲームでも十分に広げられる大きさです。

グーニーカフェのボードゲーム棚
グーニーカフェのボードゲーム棚

ボドゲ棚の様子です。「2人専用」や「お子様向け」のようにポップがあって、分かりやすいですね。

グーニーカフェのキャッチコピーは「世界のボードゲームが遊べるカフェ」です。

話題のテラフォーミング・マーズやアンダーウォーターシティーズなどのほかに、入手が難しいディヴィナーレやバロニィなども置いてあります。

グーニーカフェのボードゲーム棚とむいぐるみ
ボードゲーム棚とむいぐるみ

ボドゲ棚の様子、その2。ボドゲ棚は店内のあちこちにあります。

壁一面にボドゲがずらりと並んでいるお店も「圧巻!」って感じで良いですが、私はグーニーカフェのように圧迫感を減らした工夫も好みです。

グーニーカフェのバックギャモン展示
バックギャモンの展示

どことなくオシャレです。ボードゲームの持つインテリアとしての一面も押し出していますね。

公式サイトを見ると、グーニーカフェは日本大学芸術学部を卒業した男性2人が営業しているボードゲームカフェとのこと。センスが良いわけです。

グーニーカフェ制作のボードゲーム「Push Back」
グーニーカフェ制作のボードゲーム「Push Back」

独自グッズの販売もやっていました。写真は、お店がデザインしたオリジナルのボードゲーム「Push Back」

グーニーカフェの半個室
半個室のスペースもあります

店内のすみには、半個室のような席もあります。

ボードゲームを遊ぶだけでなく、コワーキングスペースとしても利用できるお店なので、ノートPCなどを持ち込んで作業したい人はこのスペースが良さそうです。

グーニーカフェのドリンクメニュー
グーニーカフェのドリンクメニュー

ソフトドリンクや紅茶、コーヒーは300円で、アルコール類は500円でした。ただ、ドリンクメニューは季節によって変わることがあるようです。

ミネラルウォーター(財宝)がすごく気になって注文したんですが、あいにくの品切れ。タイミングが悪かったです……。

いま流行りのタピオカミルクティーも飲めます。専門店の行列を知ってるだけにびっくりです。

グーニーカフェのドリンク
ドリンクは結構大きい

タピオカ……ではなくウーロン茶を注文しました。1杯がかなり大きいです。うれしい。

ただ、グラスに入っているので、手が当たってこぼさないか心配です。ゲームを遊ぶ時は少し離れた位置に置いたほうが良いですね。

グーニーカフェのかき氷
かき氷のサービス

なんと!35度を超える猛暑日だったからか、サービスでかき氷をいただきました!(ゲームの準備してたらちょっと溶けちゃって、ごめんなさい…!)

ヴィランズのカード
ヴィランズなどをプレイ

グーニーカフェでは、ディズニーの悪役をテーマにしたVillainous(ヴィランズ)がカード和訳済みの状態で置かれてあります。

レアなゲームなので、リクエストして遊ばせていただきました! ……負けました。ディズニー好きにおすすめです。

Twitterの投稿

グーニーカフェを利用した人のツイートをご紹介します。

遊んだボドゲが面白かった、だけでなく、説明が丁寧、タピオカミルクティー飲んだ、などがあるのが特徴的ですね。

感想

友人と行ったのですが、goonie cafe(グーニーカフェ)で、一番「いいな」と思ったのは店員さんの距離感しょうか。

近すぎず、かといって放置というわけでもない。ルールで困ってそうだったら寄ってきてくれて、サポートしてくれます。程よいです。

全体の印象としては「一人でぶらりと寄って相席で遊ぶ」というよりも「友人と行って店内や持ち込みのゲームで遊ぶ」というタイプのボードゲームカフェに感じられました。

スタッフが1人だったので「相席相手がいなければ店員と遊ぶ」というのは微妙な感じになりそうです。

ちなみに、この日は、大学生グループやカップル、小学生を連れたファミリーが来ていました。地域型で、良い雰囲気のボードゲームカフェです。

駿河屋通販で「バロニィ:スペシャルボックス」の予約再開!

スポンサーリンク
イカ(管理人)をフォローする
新作ボードゲーム|注目ランキング
ネメシス 日本語版
ネメシス 日本語版

「ネメシス」は、エイリアンの侵入した宇宙船を舞台にした、半協力型のボードゲームです。SFパニックホラーの傑作映画「エイリアン」シリーズの世界観をそっくりそのままボードゲームに再現した作品ともいえます。

バロニィ:スペシャルボックス 日本語版
バロニィ:スペシャルボックス 日本語版

「バロニィ」は「宝石の煌き」でおなじみのマーク・アンドレ氏が手掛けた傑作陣取りゲームです。「バロニィ:スペシャルボックス」には、拡張セットの「ソーサリー」が同梱されています。

サンクトゥム 日本語版
サンクトゥム 日本語版

「サンクトゥム」は、モンスターを倒しながらキャラクターを強化し、デーモン・ロードを討伐することを目指す「ハック&スラッシュ系」のボードゲームです。

アローン 日本語版
アローン 日本語版

「アローン」は、暗闇のなかを探索するプレイヤー1人と、脅威となって襲い掛かる他プレイヤーに分かれて遊ぶ、非対称性のSFサバイバルホラーゲームです。

ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版
ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版

「ラストオーロラ ~希望の船を追って~」は、気候変動で極寒になった終末世界を舞台にしたボードゲームです。新たなサバイバー(生存者)を獲得し、チームを強化していきながら、デッドレースを繰り広げます!

チャーターストーン 完全日本語版
チャーターストーン 完全日本語版

「チャーターストーン」は、全12回のキャンペーンゲームを通してワーカープレイスメントゲームをつくっていくレガシータイプのボードゲームです。ゲームを繰り返し、開拓が進むにつれて、行ける場所が増え、実行できるアクションが充実していきます。

リネイチャー 日本語版
リネイチャー 日本語版

「リネイチャー」は、汚染された渓谷を自然あふれる状態に復元することをテーマにした、陣取りタイプのボードゲームです。クラマー&キースリングの新作!

マリポーサ 完全日本語版
マリポーサ 完全日本語版

「マリポーサ」は、蝶の「渡り」をテーマにしたボードゲームです。ゲームデザイナーは「ウイングスパン」で様々な賞を総なめにしたエリザベス・ハーグレーブ氏。美しいアートワークと、テーマに沿ったゲーム性が魅力です。

Boardgame-overReview

コメント

タイトルとURLをコピーしました