評価

★ ★ ☆ ☆ ☆

基本情報

人数 4~6人
時間 10分
言語依存 日本語版のみ発売中
対象年齢 10歳以上
デザイナー オズプランニング
アートワーク 仮眠
版元 / 販売元 オズプランニング
オズプランニングの公式ページはこちら

テーマ

赤い扉と殺人鬼の鍵のボックスアート
赤い扉と殺人鬼の鍵のボックスアート

「赤い扉と殺人鬼の鍵」はサイコスリラーをテーマにしたカードゲームです。

プレイヤーたちは、赤い扉が並ぶ、不気味な屋敷で目を覚まします。ここはどこなのか、自分は何者なのか、どうしてこんな事態になっているのか…? なにひとつ思い出せません。

ただ、屋敷の出入り口には特殊な鍵がかかっています。手分けして鍵を見つけ出し、どうにか脱出するのです!

しかし、プレイヤーのなかには、この状況を仕組んだ殺人鬼も潜んでいます。そして、その殺人鬼すら、いまはまだ記憶を失っているのです……。

ルールの概要

赤い扉と殺人鬼の鍵のプレイ風景
赤い扉と殺人鬼の鍵のプレイ風景

「赤い扉と殺人鬼の鍵」は、裏向きに伏せられているカードを互いに1枚ずつ確認しながら「銀の鍵」を3枚集め、屋敷の扉を開けることを目指すゲームです。

手番でやることは、共通の場からカードを1枚取り、内容を確認することだけです。

もしも確認したカードが「鍵」だった場合、プレイヤーは「鍵を見つけました」と言い、裏向きで自分の手元に置きます。

鍵以外のカードの場合は、テキストの指示に従います。とくに指示がなければ、裏向きで場に戻します。カードの内容については、喋っても黙っていても良いです。

「銀の鍵」を全員で3枚見つけて「脱出口」のカードを引けば、無事に生還クリアです。

赤い扉と殺人鬼の鍵のカード例
殺人鬼の鍵カード

ただ、このゲームのキモは「殺人鬼の鍵」という4枚目の鍵カードにあります。

ゲームの途中で「殺人鬼の鍵」を見つけたプレイヤーは、ひっそりと「自分が殺人鬼であること」を思い出します。以降は、ゲームの勝利条件が変わり、ほかのプレイヤーを惨殺することを目指します。

「赤い扉と殺人鬼の鍵」は、ゲームの途中で「正体隠匿系」の要素が加わる脱出ゲームなのです。ゲームの展開によっては、2人目、3人目の殺人鬼が生まれる場合もあります。

赤い扉と殺人鬼の鍵の鍵カード
「銀の鍵」カード

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。ミニマムなゲームながら評判は良いようです。カードの背面に「赤い扉」が描かれていて、ホラーな雰囲気がよく出ています。

感想

1プレイが10分ほどで終わるので、サクッと遊べるカードゲームです。5人で3回遊びました。

個人的な感想は「イマイチ」でした。運の要素がかなり強く、探り合いを始めるより前に大筋が決まってしまう印象です。

殺人鬼サイドで勝つのはなかなか難しいと思います。ゲーム中盤まで殺人鬼ではないので嘘をつく動きをしないですし、さらに殺人鬼になってからも人数の差で多勢に無勢というか……。

テーマは好みなんですけどねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です