アクシオロータ|ボードゲームの紹介

「AXIO(アクシオ)ロータ」のボックスアートボードゲームの紹介
スポンサーリンク

評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数1~4人
時間20~30分
言語依存なし
対象年齢8歳以上
デザイナーReiner Knizia
アートワークClaus Stephan
版元 / 販売元Pegasus Spiele
ホビージャパン
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「AXIO(アクシオ)ロータ」のボックスアート
「AXIO(アクシオ)ロータ」のボックスアート

「AXIO(アクシオ)ロータ」は、ライナー・クニツィア氏によってデザインされた、ノンテーマのタイル配置ゲームです。

手番でやることは、タイルを1枚出して、得点を入れて、新しいタイルを引く。これだけ! というとてもシンプルなボードゲームです。

「AXIO(アクシオ)ロータ」のタイル
「AXIO(アクシオ)ロータ」のタイル

セッティング時、それぞれのプレイヤーは、ランダムに選んだ12枚のタイルで自分の山札を作ります。(残ったタイルは、いったん脇に避けます)

さらに、自分の得点を記録する個人ボードを受け取ります。この個人ボードの得点を上げていくことが、ゲームの目的です。

山札からタイルを1枚引いて、手札として持ったら、ゲームスタートです!

AXIO(アクシオ)ロータのプレイ風景
ゲーム序盤の得点ボード

タイルを繋げて得点化する

「アクシオロータ」では、手番にまず、手札として持っている1枚のタイルを共通の場に出します。

タイルは、ゲーム開始時には2×2の4枚が正方形にセットされています。

タイルを出す際には、すでにテーブルにセットされているタイルに隣接させなくてはいけません。(斜めのみの隣接はNGです)

「AXIO(アクシオ)ロータ」のプレイ風景(序盤)
タイルを繋げて配置していく

「アクシオロータ」のタイルは、4隅に、黒い円の4分の1が描かれている不思議な模様をしています。

黒い円のなかには、得点ボードに対応した5色のマークが描かれています。(※正確には、何も描かれていない場合もあるため、5色+1ブランク=6パターンがあります)

配置した結果、繋がった円のなかに同じマークがあると、そのマークの得点が入ります。

「AXIO(アクシオ)ロータ」のタイル配置例
「AXIO(アクシオ)ロータ」のタイル配置例

例えば↑の写真のようにタイルを繋げると、左下の紫、左上の赤が、得点化されます。

獲得できる点数は「もともとの円のなかに同じマークがいくつあったか?」で決まります。

↑の写真の例では、紫が1点、赤が2点です。配置したタイル自体は点数にカウントしません。

「AXIO(アクシオ)ロータ」の個人ボード
少しずつ点数を上げていく

また、マークの描かれていないただの黒い隅は、配置時に好きな色として宣言できます!

この【ワイルドカード】の性能は配置時にのみ有効で、手番が終わると「ただの無色」に戻ります。以降は、得点化にいっさい絡まなくなるため、ほかのプレイヤーの邪魔をするのにも役立ちます!

タイルプレイ後の得点化まで終われば、新たな手札を補充して、次のプレイヤーに交代します。

手札は常に1枚なので「どのように置いていくのか?」を【運】を踏まえて考えていきましょう!

もっとも低い点数のマークが最終的な勝利点

「AXIO(アクシオ)ロータ」のプレイ風景(中盤)
「AXIO(アクシオ)ロータ」のプレイ風景(中盤)

ゲームが進むと、各マークごとに点数が伸びていきますが、最終的には「もっとも低い点数のマークだけが勝利点」になります!

つまり、↓のような状況だと、もっとも低い黄色の2点だけが最終的な勝利点です!(笑)

「AXIO(アクシオ)ロータ」の個人ボード
良い調子に見えるが、実は2点

ちなみに、全員が12枚の自分のタイルをすべて使ってしまうと、ゲームは終了です。

言い換えれば、たった12回しかタイルを配置できないので、効率のいいゲーム運びが求められます。

何かのマークが12点に到達すると追加手番をおこなえる!

「アクシオロータ」では、なにかの色が得点ボードの12の欄に到達すると「AXIO(アクシオ)」という追加手番を実行できるようになります。

追加手番では、セッティングのときに余った残りのタイルを使います! このため「AXIO」ができれば、ほかのプレイヤーよりもタイルを置く回数を増やせます!

この追加手番のルールが、良いスパイスになっています。

勝利点になるのは最低点数のマークだけなので、基本的には5色すべてを満遍なく得点化していくのがセオリーなのですが…「AXIO」を狙った動きも、戦略的で、効果があります!

「AXIO(アクシオ)ロータ」のプレイ風景(終盤)
ゲーム終盤の様子

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。分かりやすいルールのわりに、なかなか悩ましいゲーム性が好評のようです。

感想

面白いと思います。

いや、正直に言うと「ちょっと物足りないか?」と「面白い」の、なんだかんだ「面白い」寄りのゲームです。

頭の体操、的なゲームと考えると良いと思います。

「クニツィアさんが片手間に作ったんだろうな~」っと感じるんですが、それでも、さすがベテランというか、さすが数学者というか、絶妙なバランス感覚です。

2,000円以下で買える小品としては、全然アリでしょう。

ルールが簡単でミスが起きないので、ふとしたときに引っ張り出して遊ぶのにも向いています。

購入できるお店は?

「AXIO(アクシオ)ロータ 日本語版」は、Amazon、または、駿河屋で購入できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました