ラクダのイラスト

「バビロニア」はどんなボードゲーム?|Babylonia

基本情報

人数 2~4人
時間 60分
言語依存 なし
対象年齢 14歳以上
デザイナー Reiner Knizia
アートワーク Jonas Hassibi
David Prieto
版元 / 販売元 Ludonova
アークライト
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「バビロニア 完全日本語版」のボックスアート
出典:https://arclightgames.jp/

「バビロニア」は、ネブカドネザル2世の時世の、メソポタミア南部の繁栄をテーマにした陣取りタイプのボードゲームです。

紀元前6世紀、ネブカドネザル2世の治世により、ネオ・バビロニア帝国は再興を果たそうとしていました。チグリス川とユーフラテス川のおかげで都市と農地は豊かになり、さまざまな場所にジッグラトが築かれました。

プレイヤーたちは、貴族と農民をマップ上に配置して、ネオ・バビロニア帝国での影響力を高めていきます。都市や農地、そしてジッグラトが得点をもたらしてくれます。

デザイナーは「エルドラドを探して」「モダンアート」「ラマ」などを手掛けた、ユーロゲーム界の巨匠、ライナー・クニツィア氏です。

手番では手札のトークンを配置して得点化するだけ

「バビロニア」のルールは非常にシンプルです。

自分の手番では「①手札5枚のなかからトークンを選んで配置する」「②盤面の状態に応じて得点を得る」「③手札が5枚になるまで補充する」という一連の流れを実行します。

手札のトークンを配置する方法は、2通りあります。

  • 手札のトークンを2枚配置する(貴族か農民か問わず)
  • 手札の農民トークンを3枚以上配置する

陣取りゲームなのでたくさんのトークンを配置したいところですが、貴族を使う場合は上限が2枚になってしまいます。

ゲームで使用するトークンには、商人・役人・司祭・農民があります。そのうち、商人・役人・司祭が「貴族」です。

貴族は都市の得点化に影響を与えますが、農民は農地による得点に関係します。

詳しくは割愛しますが「都市に隣接して置いたら得点」「農地に農民を置いたら得点」といった具合で、得点化のハードルはとても低いです。ポンポンと手軽に点数が入りますが、そのなかで「どうやって、より点数を伸ばしていくのか」が重要になります。

「バビロニア 完全日本語版」のプレイ風景
出典:https://www.amazon.co.jp/

マジョリティでジッグラトの獲得者を決める

メインボード上にあるジッグラトの周囲が埋まると、包囲に加わっているプレイヤーのなかでマジョリティをチェックします。

もっとも多くトークンを配置しているプレイヤーはジッグラトの支配権を握ったことになり「ジッグラトカード」を獲得できます。

ジッグラトカードの効果は「追加手番をプレイする(使い捨て)」や「手札上限が7枚になる(継続)」などで、かなり強力です。

しかも、ゲームで使用するカードは、セッティング段階から公開されており、早い者勝ちで獲得できます。

ジッグラトの包囲が終わるタイミングを見極めつつ、上手くトークンを配置していくことが求められます。

「バビロニア」のプレイ風景
出典:http://ludonova.com/en/

各プレイヤーのトークンセットは独立している

「バビロニア」では、それぞれのプレイヤーは自分自身のトークンセットから手札を引きます。

つまり、各自のトークンの割合は平等です! 運が悪くて「ゲームを通して貴族を全然引けなかった!」というアクシデントは起きません!

同じくクニツィア氏の陣取りゲームである「ライン公国」では共通の山札を使用していましたが、「バビロニア」では一定の公平さが設定されたことになります。

トークンは各自30枚持ちで、手札は5枚。「誰かの手札が無くなること」がゲームの終了条件の1つにもなっているので、陣取り×ハンドマネジメントを存分に楽しめそうです。

購入できるお店は?

「バビロニア 完全日本語版」は、Amazon・楽天・駿河屋で購入できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です