ベルズ(BELLZ!)のプレイ風景

ベルズ【ボードゲームの紹介】

評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数2-4人
時間15分
言語依存なし
デザイナーDon Reid
アートワークConnor Reid
版元 / 販売元Broadway Toys LTD
dV Giochi
すごろくや 他
BGGのページはこちら

ゲームの概要

ベルズ(BELLZ!)のポーチ
ベルズ(BELLZ!)のポーチ

ベルズ(BELLZ!)は、自分の色の鈴を磁石を取っていくだけの簡単なゲームです。

一般的なボードゲームとは違い、ゲームは箱ではなく、ポーチに保管されています。可愛らしいポーチの口を開くと、下の画像のように、そのままセッティングが完了します。

ベルズ(BELLZ!)のプレイ風景
ベルズ(BELLZ!)のポーチを開いた状態

ポーチのなかに入っているのは、オレンジ色のスティックと、4色のカラフルな鈴です。鈴は、大・中・小の3サイズがあります。

プレイヤーはひとつのカラーを担当し、自分の色の鈴をすべて取ることを目指します!

スティックには強力な磁石!

オレンジ色のスティックには強力な磁石が埋め込まれており、先端を鈴に近づけると、カチャン!っと小気味のいい音を立てて、くっつきます!

手番プレイヤーは、このオレンジのスティックで自分の色の鈴を取っていきます。

ベルズ(BELLZ!)のプレイ風景
ベルズ(BELLZ!)のプレイ風景

しかし、鈴はポーチの真ん中にバラバラに集まっているので、ヘタに近づけてしまうとほかの色の鈴までスティックにくっついてしまいます。

ほかの色が磁石に引き寄せられないよう、うまくスティックを扱いましょう!

ほかの色の鈴を取ってしまうと手番失敗

自分の担当しているカラー以外の鈴を取ってしまうと、手番失敗です!オレンジ色のスティックを次の人に渡して、交代します。

反対に、スティックについたのが自分の色だけだった場合は、くっついた鈴を確保して手番を終えるか、追加で鈴を取るようにチャレンジするかを選びます。

追加の鈴を狙う場合、スティックについた鈴はそのままにしてた状態で、手番を続けます。磁力がかなり強いので、鈴がついたままでも追加を狙えるようになっています。

とはいえ、追加の鈴を取るときにほかの色が混じってしまうと、やはり手番は失敗です!

ベルズ(BELLZ!)の勝利条件
自分の色の鈴をすべて取れば勝ち!

ほかの人よりも早く、自分の色の鈴をすべて取ればゲームに勝利します!

一気に鈴を取るためにどんどんチャレンジするか、慎重にひとつずつ狙うか、性格が出ます(笑)

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。非常にシンプルなアクションゲームなので、お子さんたちと遊んでいる人もいるようです。実際、子ども受けします。

感想

ベルズは、大人も子どもも楽しめる素敵なゲームです!

準備に時間がかからない、ルール説明もすぐにできる、それでいてほかのゲームにない独自性があるので、私もすごく好きです。

とにかくスティックの磁力が強いので「いやいや、無理だって!」「なにこの磁力!」ってワイワイやる感じが良いです。

勝敗はありますが、ゲームが終わってからも鈴の取り方をいろいろ試してしまうほど、おもちゃとしての魅力があります。

ちなみに、2019/6/30放送のTV番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」でも紹介されました。人気作です。

※カフェのカウンターで遊ばせていただいたので、記事内の写真では食器がそばにあって危なっかしいですね。みなさんはちゃんとテーブルで遊んでくださいね!(笑)

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「ベルズ 日本語版」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です