「アイドルマスターシンデレラステージ」3セット

アイドルマスター:シンデレラステージ|デッキ構築型カードゲーム

基本情報

人数 1~4人
時間 15~30分
言語依存 日本語版のみ発売中
対象年齢 15歳以上
デザイナー バンダイナムコエンターテインメント
アートワーク A-1 Pictures
版元 / 販売元 バンダイナムコエンターテインメント
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「アイドルマスターシンデレラステージ」3セット
「アイドルマスター:シンデレラステージ」

「アイドルマスター:シンデレラステージ」は、ゲームやアニメで展開している「アイドルマスターシンデレラガールズ」を題材にした、デッキ構築型のカードゲームです。

アイドルをスカウトすることで事務所(デッキ)を強化し、イベントのクリアを目指します。

アニメの放映時期にバンダイナムコが公式に発売した商品です。すごく良いゲームバランスで、大好きなんですが、あまり知られていないのでご紹介します。

どちらかというと「デッキ再構築ゲーム」

「アイドルマスターシンデレラステージ」のボックスアート(Pink)
PINK、BULE、ORANGEの3デッキが発売中

誤解を恐れずに紹介すると「アイドルマスター:シンデレラステージ」は、デッキ「再」構築型ゲームです。

「ドミニオン」や「サンダーストーン」とは違い、共通のサプライがありません!

各プレイヤーは、初期デッキのほかにサプライデッキを用意した状態でゲームに挑みます。個別のサプライデッキを、ゲームを通じて新たに「デッキ」として再構築していくため、デッキ「再」構築型ゲームです!

ちなみに、サプライデッキとは1ゲームセット(=1商品)のことです。PINK、BLUE、ORANGEの3商品が販売されており、プレイヤーは好きなものを使います。(TCGとは違い、中身のカスタマイズはしません)

プレイヤー人数分の商品が必要、というとハードルが高そうですが、実は投げ売りされていることが多いので、3つセットで3,000円ぐらいで揃います(笑)

「アイドルマスターシンデレラステージ」のサプライ
使用するデッキによってサプライが変わる

PINK、BLUE、ORANGEのデッキは、それぞれ内容物が異なります。そのため、選んだデッキによって、ゲーム中に使用できるサプライの傾向が変わります。

ストリートで女の子をスカウトして事務所に加える

自分の手番開始時には、サプライデッキから3枚のカードが公開され、獲得できる対象になります。出てくる3枚はストリートを表しており、コストを支払って女の子をスカウトするわけです!

獲得しなかったカードは次の手番には捨て札に移ってしまいます。一期一会なので、同じサプライデッキを使っていても、ゲームのたびに展開が変わります。

当然、出てくるのは、ゲームやアニメでおなじみキャラクターです。原作を知らなくても遊べますが、知っているとより楽しいです。

絵柄は、アニメのワンシーンを切り取ったものと、描きおろしがあります。(ただし、アニメ放映の途中で発売された商品なので、いないキャラクターも多いです)

手番の流れは「緩め」のドミニオン

「アイドルマスターシンデレラステージ」の初期手札
初期手札

「アイドルマスター:シンデレラステージ」の基本的な手番の流れは、ドミニオンタイプのデッキ構築型ゲームと同じです。

手札は5枚で、アクション、獲得、クリーンナップを繰り返します。

ただし、アクション数と購入回数に制限がありません! 緩いです(笑)

手札のカード効果はすべて使えますし、コストさえ支払えるなら複数のカードを獲得できます。非常に頭の悪いゲームです!

こう書くと「それで大丈夫なの?」という気がしますが、わざわざアクション数をカウントしなくて良い、というのはかなり快適です。

「アイドルマスターシンデレラステージ」のカード(ベース2、ベース3)
資源は「☆」「♡」「♪」の3種類

また、特徴的なのは、デッキ構築型ゲームなのに資源(リソース)が3種類もあるという点です。

「☆」「♡」「♪」の3種類で、初期手札には「☆」を1つ生み出すカードしかありません。

リソースの価値をざっくりと並べると、☆ < ♡ < ♪ となります。ただ、互換性はないです。どのリソースに強い事務所を目指すか、考えながらアイドルをスカウトしていきましょう。

「アイドルマスターシンデレラステージ」のイベントカード(ダンスレッスン)
イベントカード「ダンスレッスン」

ゲームの勝利点は、ランダムに公開されているイベントカードをクリアすることで得られます。(カード右下のガラスの靴が勝利点です)

上記の画像のように、イベントカードの左上には、コストとして3つの資源が描かれています。どれか1種類をクリアすれば、このイベントカードを獲得できます。

当然「♪」を出せれば楽なのですが、その能力を持つアイドルは限られているため、悩みどころです。

だれかが規定の勝利点を獲得したら、ゲーム終了です!

「アイドルマスターシンデレラステージ」のプレイ風景
「アイドルマスターシンデレラステージ」のプレイ風景

感想

冒頭でも書きましたが、かなり気に入っているゲームです。

記事ではゲームシステムを中心に紹介しましたが、アイマスらしく、キャラクター間のシナジーがあるのも魅力です。

例えば、島村卯月・渋谷凛・本田未央のトリオや、アナスタシア・新田美波のペアなどは、分かりやすいコンボになっています。(うまくスカウトできるかは別として)

あと、収束性もめちゃめちゃ良いです。20分前後でサクサク終わるので、繰り返し遊んでしまいます!

アニメものなので遊ぶ相手は選びますが、大丈夫な人には是非おすすめしたい作品です!

購入できるお店は?

「アイドルマスターシンデレラステージ」(PINK、BLUE、ORANGE)は、Amazon・楽天・駿河屋で購入できます。

それぞれのデッキの傾向は、以下の通りです。

PINKドロー能力が多いオーソドックスタイプ
BLUE対戦相手の手札を攻撃するトリッキータイプ
ORANGE資源産出に特化したパワータイプ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です