クローストロフォビア【ボードゲームの紹介】

クローストロフォビアのボックスアートボードゲームの紹介
スポンサーリンク

評価

★ ★ ★ ☆ ☆

基本情報

人数2人
時間45分
言語依存カードが英文。日本語化して遊ぶのが望ましい。
対象年齢14歳以上
デザイナーCroc
アートワークBertrand Benoit
Aleksi Briclot ほか
版元 / 販売元Asmodee
Rebel
BGGのページはこちら

テーマ

親愛なる主よ、私たちはもう長く無いでしょう。地表に近いトンネルを守るのは不可能みたいです。

「クローストロフォビア」ルールブックより
クローストロフォビア(Claustrophobia)のボックスアート
クローストロフォビアのボックスアート

クローストロフォビアは、地下に潜む悪魔や魔獣との闘いをテーマにした、2人用のミニチュア・ボードゲームです。

時は1634年。新イェルサレム市の評議会は、都市の下にある広大なカタコンベ(地下墓地)の探索を決定しました。

「異形の姿を目撃した」「うなり声が聞こえた」などの報告が相次いだからです。

しかし、探索に出向いた聖職者の命綱は、血まみれになって戻ってきました。そして、それを悲しむ間もなく、悪魔たちの侵攻が始まったのです。

クローストロフォビア(Claustrophobia)のフィギュア
クローストロフォビアのフィギュア

ゲームの概要

クローストロフォビアは、人間側と悪魔側に分かれて戦うミニチュア・ボードゲームです。

「Claustrophobia」には「閉所恐怖症」という意味があり、ダークファンタジーな世界観を堪能できます。

ゲームセットに複数のシナリオが入っているのが特徴的で、人間側は勝利条件のクリアを目指し、悪魔側は阻止しようとします。(勝利条件だけじゃなく、導入の物語もシナリオに書かれています)

クローストロフォビア(Claustrophobia)の武器カード
クローストロフォビアの武器カード

シナリオによって、登場するキャラクターや初期装備が違います。世界観的に「物語」と相性がいいため、TRPG的な遊び方ができるゲームですね。

ゲームセットに含まれているシナリオは6つだけですが、BGGにはたくさんの公式/非公式のシナリオが投稿されているので、かなり幅広く遊べます。(翻訳する必要はありますが…)

巨大なタイルと彩色済みフィギュアが圧巻!

クローストロフォビア(Claustrophobia)のプレイ風景
クローストロフォビアのプレイ風景

クローストロフォビアでは、巨大なタイルをランダムに公開し、つなぎ合わせていくことで、地下世界を表現します。

そして、とにかくタイル1枚のサイズが大きいです!なんと 16cm x 16cm もあります!

1シナリオではタイルを10枚ほど並べるため、一般的なダイニングテーブルでは収まらないほどです。

タイルを探索するのは、彩色済みのフィギュアです。神官や大男、悪魔などがあり、所有欲を満たされます(笑)

タイルには「1つの陣営は3体までしか同時に置けない」「相手の陣営よりも人数が少ないと移動できない」などの基本ルールが設定されており、盤面の様子を見ながら、自分のフィギュアを動かしていくのがゲームの軸になります。

「細いトンネル」「地下水のあふれた道」「悪魔の巣」など、さまざまなタイルがあり、特殊な効果でゲームを彩ります。

人間のステータスはダイスで決まる

クローストロフォビア(Claustrophobia)のキャラクターシート
クローストロフォビアのキャラクターシート

人間側のキャラクターのステータスは、ラウンド開始時に振るダイスで決まります。

具体的には、ラウンド開始時に、生き残っている人数分のダイスを人間側のプレイヤーは振ります。

そして、出目をキャラクターごとに当てはめます。(上記の画像参照)

特徴的なのは、キャラクターシートの右側に刺さっている赤いピンです。この赤ピンはキャラクターの負傷を表しており、塞がれている数字は、出目が無効化されてしまいます。

負傷が少なく、生き残りキャラクターが多いうちは、出目を自由に振り分けられるため、傷を負っても大きなデメリットはありません。

ただし、パーティ内の被害が蓄積したシナリオの後半には、人間側はかなり厳しい状況になっていきます。

悪魔側の能力もダイスに左右される

クローストロフォビア(Claustrophobia)の悪魔カード
クローストロフォビアの悪魔カード

人間側がダイスによってステータスを決めるように、悪魔側も各ラウンドにダイスを振って能力を獲得します。

悪魔側のプレイヤーには、ラウンド中に使える能力が書かれた専用ボードが与えられており、ダイスの目によって、効果を発動します。

使える能力は、例えば「小型の悪魔を召喚する」や「イベントカードを引く」などです。

クローストロフォビア(Claustrophobia)のイベントカード
突発的なイベントに翻弄される人間たち…

最大の楽しみはタイル上での戦闘!

クローストロフォビア(Claustrophobia)の悪魔フィギュア
轟く咆哮!

もちろん、クローストロフォビアの最大の醍醐味は、タイル上での人間VS悪魔のドンパチです!

人間側も悪魔側も、持ってる能力をフルに活用して、相手を叩きのめすことを目指します!

このため、どんなことをやって・やられても楽しみ合える人と遊んだほうが良いゲームです。

クローストロフォビア(Claustrophobia)の祝福カード
人間側に有利なカードもある(祝福カード)

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。タイルの大きさに戸惑っている人が多いです。コンポーネントが豪華なので、写真に映えます。

感想

TRPG的な雰囲気を楽しむゲームです。「世界観が合うかどうか」を購入の判断基準にして良いと思います。

ただ、もっとも遊ぶ機会の少ないボードゲームのうちの1つともいえます。2人用なのに、めちゃくちゃ場所を取るので…(笑)

ちなみに、アホみたいなサイズ感のためアメリカンな印象がありますが、実はフランス産のゲームです。

実は、根強い人気のある作品で、2019年には「Claustrophobia 1643」というリメイク作も出ました。

「クローストロフォビア」はホビージャパンが日本語訳を付けて出したんですが、新作のほうはどうなんでしょう…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました