ドラゴンをさがしに(En Quête du Dragon)の表紙

「ドラゴンをさがしに」という絵本の魅力!ゲームブックとは違う?

基本情報

時間 15分
言語依存 日本語版でないと困難
対象年齢 4歳以上
デザイナー Roméo Hennion
アートワーク Arnaud Boutle
版元 / 販売元 dV Giochi
すごろくや ほか
BGGのページはこちら

ゲームの概要

ドラゴンをさがしに(En Quête du Dragon)の表紙
「ドラゴンをさがしに」の表紙

「ドラゴンをさがしに」は、読者の選択によって物語の展開が変わる、風変りな絵本です。

一般的な絵本と違って、

  • 3人のなかから主人公を選べる
  • 選択肢によって物語が分岐する

などの特徴があります。

大人が読み聞かせる場合は4歳ぐらいの子どもから対象ですが、ひらがなとカタカナが読める小学生ならば1人でも楽しめます。

もともとはフランスの絵本で、2020年2月に「すごろくや」が翻訳・刊行しました。

3分割されたページによって物語が分岐する

ドラゴンをさがしに(En Quête du Dragon)のページ例
「ドラゴンをさがしに」のページ例

「ドラゴンをさがしに」のもっとも特徴的な点は、本のページが3段に分割されていることです。

タイトルのとおり、主人公はドラゴンを探すために旅に出るのですが、いくつかの選択肢から行動を選べます。(全部のページが3分割されているわけではないです)

例えば、上記の写真であれば、川に沿って歩いていくことに決め、一番下の段をめくっています。ほかの方法であれば、別の段をめくることでしょう。

なにか出来事が起きたときにも選択肢が現れ「どうする?」を当事者の視点で楽しめます。

ちなみに、子ども向けの絵本なので、大人向けのいわゆる「ゲームブック」のように本の途中で脱落することはありません。(選択肢によって結末は変わります)

四隅についたディスクで主人公の状態を管理する

ドラゴンをさがしに(En Quête du Dragon)のディスク
四隅に回転ディスクが付いている

「ドラゴンをさがしに」の本の4隅には、くるくる回せるディスクがついています。

このディスクは「けがをした」とか「どうぐを手に入れた」などを管理するのに使います。

物語の臨場感が増しますし、本と一体になっているので、途中で主人公の状態を忘れてしまう心配がありません。

読み聞かせている場合は、子どもに注意を向けさせる役にも立つでしょう。

ドラゴンをさがしに(En Quête du Dragon)の展示風景
「すごらくや」での販売風景

Twitterの投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。実際にお子さんと一緒に楽しんでいる親御さんが多いようです。

感想

高円寺の「すごろくや」さんで実物を拝見して、とても出来がよかったので、ご紹介です。(※店員さんに許可をいただいて撮影しています)

「ページが分割されているけど、本の強度はどうだろう?」と疑問に思っていたんですが、かなりしっかりした材質で、繰り返し読むにも問題なさそうでした。

子育て中の人には、とても良さそうです!

ちなみに「ドラゴンをさがしに」は「だいぼうけんに でかけよう」というシリーズ ものになっており、すでに3作目まで日本語版の刊行が決まっています。

「だいぼうけんに でかけよう」シリーズ
「だいぼうけんに でかけよう」シリーズ

購入できるお店は?

「ドラゴンをさがしに 日本語版」は、Amazonで購入できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です