ゴリラ人狼のボックスアート

「ゴリラ人狼」ってなに?人狼ゲームのゴリラ版を遊んでみた

評価

★ ★ ☆ ☆ ☆

基本情報

人数 4~21人
時間 5~45分
言語依存 日本語版のみ販売中
対象年齢 精神年齢14歳以下
版元 / 販売元 日本語研究部
BGGのページはこちら

ゲームの概要

ゴリラ人狼のボックスアート
ゴリラ人狼のボックスアート

「ゴリラ人狼」は、登場人物がゴリラになった人狼ゲームです。

舞台は、アマゾンの奥地にあるゴリラ村。平和に暮らしていたゴリラたちのもとに、密猟者が現れます。

密猟者は巧妙に変装しており、ゴリラたちは「だれが密猟者なのか」を見抜けません!

毎晩毎晩、村のゴリラが1匹ずつ狩られていきます。どうにか協力して、密猟者を見つけ、追放するのです!

ただし、ゴリラだから「ウホッ」しか喋れませんが!

基本の流れは通常の人狼ゲームと同じ

「ゴリラ人狼」の流れは、通常の人狼ゲームと変わりません。

  1. 秘匿情報の「役職カード」が配られる
  2. GMの進行で役職の確認をする「最初の夜」を過ごす
  3. 朝:議論を通して多数決で処刑する人を決める
  4. 夜:密猟者による殺害が起きる

以降は、3と4を繰り返して、どちらかの陣営が勝利条件を満たしたらゲーム終了です。

ちなみに、ゴリラ陣営の勝利条件は「密猟者をすべて追放する」で、密猟者陣営だと「密猟者とゴリラの数が同じになる」です。この点も、通常の人狼ゲームと同じです。

ゴリラだから「ウホッ」しか言えない

「ゴリラ人狼」のもっとも特徴的なルールは、ゴリラが「ウホッ」でしか喋られないことです。

「ウホウホッ!」「ウホッ?」「ウホウホウホ!!」「ウホ~…」(議論中)

また、ジェスチャーも限られており「首を縦にふる」「首を横にふる」「だれかを指さす」「ドラミングする」しかできません。

ドラミングするゴリラ
ゴリラのドラミング

ドラミングが果たして何の役に立つのか…? ドラミングが下手な人が密猟者かもしれませんね?

「占い」や「護衛」などの能力付きの役職がある

「ゴリラ人狼」は基本的に通常の人狼ゲームと変わらないため(?)、やはり「占い」や「護衛」などの特殊能力を持った役職があります。

つまり「占いゴリラ」「護衛ゴリラ」などです。

ゴリラ人狼のゴリラカード
護衛ゴリラは他人を守る!

ちなみに「狂人」にあたる「裏切りゴリラ」もいます。密猟者側が勝つと一緒に勝利する裏切り者です。

吊るされたら3文字の遺言を2つ残せる

「ゴリラ人狼」の2つ目の大きな特徴は、ゲーム中に処刑されたプレイヤーは3文字以内の遺言を2つ残せる、という点です。

残された遺言は、ほかのプレイヤーが共通して使えるようになる、新しい言葉になります。

つまり、「ウホッ」以外の言葉を発せるようになります!

初めは全く議論にならなかったゴリラたちですが、ゲームが進み、犠牲者が増えていくにつれて、言葉を覚えます。

「アイツ」「コワイ」や「ワタシ」「マモル」などを残して脱落すれば、ほかのゴリラたちがゲームに勝ちやすくなるかもしれませんね!

学ぶゴリラ
ゴリラたちは学ぶ…!

ただ、役に立つ言葉を残すプレイヤーはほとんどいないのが、実際のプレイ感です(笑)

私が初めて遊んだときは、まず「トイレ」「イクネ」が残されました! …行ってらっしゃい!!(笑)

このように、初めから最後までバカバカしい展開が続き、ゲラゲラ笑い合うゲームです!

ゴリラ人狼の飼育員カード
役職カードは全21枚

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。やはり、全力で笑いを取りに行く人が多いですね。

また、通常の人狼ゲームと違って殺伐としない点が好まれているようです。

感想

非常にバラエティ番組向きのゲームです。YouTube配信の企画などにも良さそうです。占いゴリラで占っても「ウホッ」しか言えないこととか、なかなかカオスです。

人狼ゲームですが、そもそも推理にならないことが多いため、いわゆる「ガチ勢」がいないのも良いですね。

ただ、当然、人を選びます!!

合う人・合わない人の基準は、記事で伝わるかと思います。(ちなみに、私には少しきつかったです…)

購入できるお店は?

「ゴリラ人狼」は、Amazon、または、駿河屋で購入できます。

日本語研究部

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です