スマホと手錠

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~」はどんなボードゲーム?|Hostage Negotiator

基本情報

人数 1人
時間 15~30分
言語依存 あり。日本語版が望ましい。
対象年齢 15歳以上
デザイナー A.J.Porfirio
アートワーク Kristi Harmon
Venessa Kelley ほか
版元 / 販売元 Van Rider Games
アークライト
BGGのページはこちら

テーマ

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」のボックスアート
出典:https://arclightgames.jp/

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~」は、人質を取った凶悪犯と対決する、1人用のボードゲームです。

プレイヤーは「人質交渉人」となって、とらわれている人質の救助を試みます! 救出のために取れる唯一の方法は、犯人との対話です。

毎ラウンド、プレイヤーは犯人との会話を試みます。

上手く誘導できれば、1人、2人と人質の解放を引き出せるでしょう。しかし、交渉に失敗して犯人の機嫌を損ねてしまうと、尊い命が失われる場合もあります…。

ゲームの勝利条件は、半数以上の人質を救助すること、あるいは、犯人を逮捕または排除すること、です。

反対に、人質の半数以上が殺されたり、犯人に逃亡されたりすると、プレイヤーはゲームに敗北します。

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」のカード
出典:https://arclightgames.jp/

ルールの概要

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~」のプレイヤーボード
出典:https://www.vanrydergames.com/ (海外版)

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~」では、状況ボード上の感情マーカーを使って、犯人との交渉を表現します。

犯人の感情を表すメーターは、一方の端が「S」(Save=救出)になっており、もう一方には「K」(Kill=殺害)が描かれています。「S」は交渉が上手くいっていることを示し「K」は状況の悪化していることを表しています。

なぜなら、もしも「K」を振り切るような感情の変動があった場合、犯人は人質を殺してしまうからです!(「S」を振り切れば1人救出できます)

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」のカード
出典:https://www.amazon.co.jp/

毎ラウンド、プレイヤーは手札を使い、犯人との会話を試みます。

会話で使用するほとんどのカードではダイスロールを求められ、出目に応じて様々なことが起こります。

良いことも悪いことも起きますが、重要なのは、会話を重ねていけば会話ポイントが貯まることです。

会話を切り上げたあと、プレイヤーは、そのラウンドで獲得した会話ポイントを使って、新たなカードを獲得できます。

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」のカード
出典:https://www.amazon.co.jp/

次のラウンドで使用する手札をどのように構成するのか? というのが、このゲームのシステム面の特徴です。

会話を重ねて、徐々に突破口を見つけていきましょう!(手札上限があるので、とにかくカードを集めまくる戦い方はできません)

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」の恐怖カード
出典:https://www.amazon.co.jp/

また、ラウンドの最後に公開される「恐怖カード」の存在も、ゲームを盛り上げてくれます。

「恐怖カード」には、次の交渉が始まるまでのあいだに起こる出来事や、犯人の行動が描かれています。

もしも「恐怖カード」が足りなくなった場合は、人質は全員殺され、犯人には逃げられてしまいます。タイムリミットを迎える前に、救出を終わらせましょう!

(ちなみに、1度のゲームではすべての「恐怖カード」は使いません。繰り返し遊んでも、新鮮なゲーム体験ができます)

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」の要求カード
出典:https://www.amazon.co.jp/

予約できるお店は?

「ザ・ネゴシエーター~人質交渉人~ 完全日本語版」(2020年7月9日発売予定)は、Amazon・楽天・駿河屋で予約注文できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です