評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 2~4人
時間 25~50分
言語依存 あり。日本語版のみ販売中。
対象年齢 8歳以上
デザイナー BioGamesLab
アートワーク 古久保宙希
版元 / 販売元 BioGamesLab
ゲームマーケットの紹介ページはこちら

テーマ

immunitas(イミュニタス)のボックスアート
イミュニタスのボックスアート

イミュニタスは「ヒトの免疫系」をテーマにした、デッキ構築型のボードゲームです。

プレイヤーは、ヒトの免疫システムになって、体内に侵入した複数の菌・ウイルスを取り除くことを目指します!

免疫システムが上手く構築できないと、ヒトは病気にやられてしまいます。抗原を取り込んだり、細胞分裂したりして、病原体と戦える環境を作っていくことが重要です!

ほかのプレイヤーよりも効率よく病原体を取り除くと、ゲームに勝利できます。

ルールの概要

immunitas(イミュニタス)のカードサプライ
イミュニタスのカードサプライ

イミュニタスは、ドミニオンやサンダーストーンなどと同じ”デッキ構築型”のボードゲームです。

▶サンダーストーンの紹介ページはこちら

ゲーム開始時には、各自が共通のデッキを持っていますが、サプライからカードを獲得していくことで、それぞれ独自の免疫システム(デッキ)を作り上げていきます。

immunitas(イミュニタス)の病原体ボード
イミュニタスの病原体ボード

取り除いていくのは、1人の「ヒト」の体内に入った、3種類の菌・ウイルスです。

病原体を1つ取り除くたびに点数が入ります。しかし、ゲーム終了時までにせん滅できなかった菌・ウイルスの得点は半分になってしまいます。

デッキ構築型のゲームはソロプレイ感が強くなりがちですが、イミュニタスは共通のボードを導入して、ほかのプレイヤーとの絡みを作り出しています。

4枚の手札を上手くコントロールするのが鍵

immunitas(イミュニタス)の手札の例
イミュニタスの手札の例

イミュニタスでは、ターン開始時の手札は4枚です。一般的な”デッキ構築型”のゲームは5枚なので、かなり選択肢がせまくなる印象を受けます。

しかも、1ターンのあいだに使用できるのは「タグの色が同じカードだけ」というルールがあります。

「色」は、カードによって異なり、1~2種類あります。上記の画像だと、ピンクの「樹状細胞」2枚をプレイすると、残りは使えなくなってしまいます。

immunitas(イミュニタス)の手札の例
同色のタグが手札にくるように工夫する!

自分のターンに使用できるカードを増やすためには、上記の写真のように、タグの色を絞ったデッキ構築が必要になります。(ちなみに、黒色のカードはワイルドカードとして使用できます)

「それだと全員のルートが被るんじゃないのか?」という疑問が湧いてきますが、サプライの枚数が限られているうえ、カードによって除去できる病原体が違うので、なかなか一筋縄ではいきません。

なぜなら、特定の病原体に特化したカードは、せん滅が完了すると何の役にも立たなくなるからです!(取り除く対象がなくなるので得点が伸びない)

相手の動向も見つつ、どの菌・ウイルスを攻撃して点数を伸ばしていくのか? とてもバランスの取れた作りになっています。

immunitas(イミュニタス)のカードサプライ
狙いが被るとサプライが枯れることも

病原体カード・加護カードの組み合わせで繰り返し遊べる

「病原体カード」を加えた場合のプレイ風景
病原体カードを加えることで難易度が上がる

イミュニタスには「病原体カード」と「加護カード」という要素が含まれています。

「病原体カード」は、菌・ウイルスに特性を加える要素で、「加護カード」はプレイヤーごとに固有能力を付与するものです。

初回のプレイ時には使わずに遊び、全体の流れを理解するのに徹したほうが良いですが、2回目以降はこれらを追加することをオススメします!

ゲームの展開がダイナミックに変わり、単純なルートでデッキを作ったのでは、まったく太刀打ちできなくなります。

初回30点ほど取った私は、2回目だと8点でした!(笑)

病原体の組み合わせは120通りにもなるので、リプレイ性はかなり高いです。

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。ゲームマーケット2019秋に販売されたばかりの新作なのでツイート数は少ないですが、評価は高めです。コンセプトへのこだわりに言及している人が多いですね。

感想

良くできています!「いろんなところに持ち歩いて遊んでみたいな」と思っているゲームです。

製作は、なんと現役の東大医学部生!

テーマへのこだわりが強すぎて、ややプレイアビリティが低いのが難点ですが、1回遊んで「病原体カード」を入れるころには慣れてしまいます。フレーバーを味わえるので、これはこれでありだと思います。

今後、サプライの拡張とか出るなら買います。「BioGamesLab」は、私的には要注目サークルになりました!

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「イミュニタス」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

拡張セット付きの新版が販売予定(2020/2/14追記)

「BioGamesLab」は、ゲームマーケット2020春に「immunitas ~academia~」を頒布すると発表しました。

デザインを改良した新版で、拡張セットも追加されるようです。超楽しみです。

ちなみに、前作を持っている人向けの、いわゆるアップデートキットが出るかは、まだ調整中とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です