ベガス・ロイヤル

ベガス【ボードゲームの紹介】

評価

★ ★ ★ ★ ★

基本情報

人数2~5人
時間30~45分
言語依存 なし
デザイナーRüdiger Dorn
アートワークAntje Stephan
Claus Stephan
版元 / 販売元alea
Ravensburger Spieleverlag GmbH
BGGのページはこちら

テーマ

ベガス・ロイヤル((Las Vegas Royale)のボックスアート
ベガス・ロイヤル(Las Vegas Royale)のボックスアート

「ベガス」は、ラスベガスのカジノをテーマにしたダイスゲームです。プレイヤーたちは、ギャンブルで大金を稼いでいきます。

プレイヤーたちに用意されているのは6つのカジノテーブルです。どこの席に着き、どのタイミングで賭けるのか……?

機運を見抜くキレの良さと、ときにはリスクを取る度胸、そして何より幸運が求められます。

何十万、何百万ドルといった大金が動きます。ゲーム終了までに、もっとも多くの札束を握っていた人こそ勝者です!

※この記事で紹介するのは「ベガス-ロイヤル」の「基本ゲーム」の内容です。パッケージ違いの旧版から少しルールが調整されています。

ルールの概要

ベガス・ロイヤル((Las Vegas Royale)のダイスとチップ
各プレイヤーのダイスとチップ

プレイヤーは、ゲーム開始時に、7つの通常ダイスとひとつの特殊ダイス「Biggy」、そして2枚のチップを受け取ります。

ゲームは3ラウンドに渡り、2ラウンド目、3ラウンド目の開始時にもチップが2枚ずつ追加されます。

ダイスの数は、ラウンドが変わっても増えたり減ったりしません。

ベガスの紙幣の振り分け
テーブルごとに賞金が振り分けられる

テーブル中央に置かれたメインボードには、そのラウンドで獲得できる賞金が並びます。

カジノテーブルには1~6の数字が割り振られてあり、それぞれに2枚の賞金カードが配られます。賞金カードには5万ドル、10万ドルといった金額が描かれています。

各テーブルで1位を取った人は大きい金額、2位の人は小さいほうの賞金カードを獲得できるのです。

順位は「そのテーブルにどれだけのダイスを賭けたか」で判定されます。(詳しくは後述します)

ダイスを振ってテーブルを決める

ベガス・ロイヤル((Las Vegas Royale)のプレイ風景
ベガスのプレイ風景

手番になったら、ボード中央にあるダイストレイに、手元のダイスをすべて振ります。そして、出目ごとに「1の出目がいくつ」「2の出目がいくつ」とグループ分けします。

それぞれのグループの数を見て、出目のなかからひとつ数字を選びます。選択した面のダイスを、すべて対応するテーブルにセットします。

基本的には、ラウンド終了時までに、各テーブルにセットしているダイスの数を競い合うのがルールの軸です。

例えば、1のテーブルには1の出目のダイス、2のテーブルには2の目のダイスが集まります。

このため、単純に考えれば1のテーブルの賞金を手に入れたいなら、たくさん1の目を出す必要があるのです。

ちなみに、特殊ダイス「Biggy」は通常ダイス2つ分として扱います。セットの仕方は、ほかのダイスと変わりません。

選んだ目のダイスをすべてセットしたら、手番を交代します。中央のトレイから残りのダイスを取り除き、次のプレイヤーが手持ちのダイスを振ります。

全員がダイスをすべて使うと1ラウンドが終わり、賞金の獲得者が決まります。

ダイスの数が同じ場合は無効になる

ベガス・ロイヤル((Las Vegas Royale)のプレイ風景2
ラウンド後半の様子

カジノテーブルにもっとも多くのダイスをセットするのが基本の動きですが、同率順位のプレイヤーが複数人いた場合、なんと、その結果は無効になります。

同数による「無効」が起きると、賞金の獲得権は次に多くのダイスを置いているプレイヤーに移ります。

このため、ときにはダイスを1つしか置いていないプレイヤーが、漁夫の利を得ることもあります。

「だれがどのテーブルを狙っているのか」「自分がこのテーブルに参加すると誰の脅威になるのか」を考えながらダイスを配置していくことが重要です!

考えなしに一度にたくさんのダイスを使ったり、引き際を見極めずに1位に固執してしまうと、賞金をかすめ取られかねません。

とはいえ、結局はダイスの目がすべてを決めます。チャンスを逃すような臆病なプレイもやめるべきでしょう。

チップ1枚で手番をパスできる

ゲーム開始時にプレイヤーに配られているチップを1枚使うと、ダイスを振ったあとに、セットをせず、手番を交代できます。

希望の目が出なかったことを帳消しにするだけでなく、次の手番まで様子見できることが、このパスの大きな利点です。

ベガスでは、ゲームが進むにつれて盤面の状況が大きく変わります。後半まで使えるダイスを温存できれば、少ないダイスで2位を狙えるかもしれません。

チップはゲーム開始時に配られるほか、2、3ラウンドの初めにも2枚ずつ追加されます。ゲーム終了時にチップが残っている場合は、1枚1万ドルとして賞金に加算されます。

ベガス・ロイヤル((Las Vegas Royale)の紙幣カード
獲得した金額を合計して勝者を決める!

ベガス・ロイヤルには拡張ボードがついている

ベガスはもともと2012年に発売された作品ですが、2019年に豪華版の「ベガス・ロイヤル」になって復刻しました。

「ベガス・ロイヤル」には、記事で紹介したゲームのほかに、カジノのテーブルに能力を追加する16種類の拡張ボードが入っています。

追加される特殊効果には「ダイスを新たに振って、出目のテーブルに追加する」「ダイスを5個セットすると10万ドルがもらえる」などの尖ったものがあり、かなりゲームの風味を変えています。

しかも、一度のプレイですべてのボードを使うわけではないので、さまざまなバリエーションのベガスを遊べます。

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。ダイスを使った名作で、ルールも多くない、それほど時間もかからないということで、ゲーマー・非ゲーマー問わず好まれる作品です。

ただ、ベガス・ロイヤルの追加ボードについては評価が割れているようです。最後のツイートは従来の「ベガス」についての投稿で、ルールが分かりやすいからか、お子さんたちと遊ばれています。

感想

傑作だと思います。非常にシンプルなんですが、とても楽しいボードゲームです。別にロイヤルの拡張ボードがなくても繰り返し遊べます。

ダイスゲームなのでもちろん運の要素は強いですが「バッティングすると無効」というルールがすさまじいジレンマを生んでいます。

一度にたくさん置ければほかのプレイヤーへのけん制になりますが、一方で、次の手番から使えるダイスの数が減ってしまいます。こんな簡単なシステムがゲームを盛り上げます。

テキストてんこもりのコンボゲーよりも、少し古めの安定したルールが好みという人に、とくにおすすめの作品です。

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「ベガス・ロイヤル」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。