評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 2人
時間 5~10分
言語依存 なし
対象年齢 7歳以上
デザイナー Marcello Bertocchi
アートワーク Michele Mor
版元 / 販売元 XVgames
BGGのページはこちら

テーマ

リブラリア(Libraria)のボックスアート
リブラリア(Libraria)のボックスアート

リブラリア(Libraria)は、図書館をテーマにした、2人用の陣取りゲームです。「ライブラリア」と呼ぶ人もいます。

プレイヤーは、相手よりもより良い読書体験をできるように、本棚の権利を獲得していきます。

ルール

リブラリア(Libraria)のプレイ風景
リブラリア(Libraria)のプレイ風景

5×5枚の本棚タイルをセッティングすることでゲームは始まります。1人が緑色の宝石トークン、もう1人が赤色を受け取ります。

まず、先手番のプレイヤーが本棚を1つ選び、タイルの4隅のいずれか1つに、宝石を置きます。

次に、後手番のプレイヤーが、2ヶ所を選んで宝石を置きます。

以降は、交互に1つずつ宝石を置いていき、すべての本棚が埋まる(つまり、手元の宝石がすべて使われる)と、ゲーム終了です。

タイルとタイルが接する4隅にトークンを置いていくのが、このゲームの特徴です!

ゲームの目的は、より「勝利点」の高い本棚タイルに対して、マジョリティを取っていくことです。タイルに描かれている本の数が「勝利点」になります。

マジョリティの判定は、4隅に置かれた宝石の数でおこないます。1つのタイルに対して、赤が3つ、緑が1つなら、赤プレイヤーに勝利点が入ります。同数の場合は引き分けで、どちらにも点数は入りません。

また、4隅を1色が占めた場合は「トータルコントロール」となり、+1のボーナスがあります。

ただし、本棚のなかにはネズミがいるタイルがあります! ネズミを獲得したプレイヤーは「-1点」です。もしも「トータルコントロール」でネズミを得た場合は「-2点」です。

タイル同士の接点に宝石を置くため、1つのトークンが複数のタイルに影響を与えるのが面白いポイントです。

リブラリアのネズミ

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。シンプルな2人用ゲームで、セッティングも簡単なので「就寝前にちょっと1プレイ」みたいな使い方が良さそうですね。

感想

完全情報ゲームですが、1プレイに10分もかからないので、あまり考えすぎず、サクっと遊ぶのがおすすめです。ゲームのたびに違うタイル配置になるので、手軽に陣取りを楽しめます。(負けたらリベンジです!(笑))

ハードカバーの本を模したボックスアートや、落ち着きのあるタイルの色合いがとても良いです。オシャレですね!

ルールブックはなんと9ヶ国語に対応しており、日本語ルールも含まれています。

販売情報

「リブラリア 多言語版」は、駿河屋の通販サイトで購入できます。価格は、税込み2,100円です。

駿河屋の商品ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です