「ローメモリー」はどんなボードゲーム?|Low Memory

データ化した記憶ボードゲームの紹介
スポンサーリンク

基本情報

人数1~4人
時間6~9時間
言語依存日本語版が望ましい。
対象年齢16歳以上
デザイナーJakub Caban
Bartosz Idzikowski
アートワーク Jakub Fajtanowski
Magdalena Klepacz
版元 / 販売元 Board&Dice
グループSNE
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「エスケープテイルズ:ローメモリー」のボックスアート
出典:https://escape-tales.com/

「ローメモリー」(Escape Tales: Low Memory)は、1~4人用のカードゲーム形式の脱出ゲームです。

時は2060年。エリザベスは、家族旅行に出かける夫に別れを告げました。夫の乗った自律走行車が車道に出ていくのを見送ります。彼女は、研究プロジェクトを終わらせてから、家族旅行に合流する予定です。

何の変哲もない1日です。ーー少なくとも、彼女はそう思っていました。

翌朝、エリザベスはソファで目を覚まします。ひどい頭痛。家のなかは荒らされていて、まるで侵入者があったかのような状態です。しかし、なにも思い出せません。エリザベスは状況を把握するために「メモリースキャナー」を使うことにしました――。

「ローメモリー」は「アウェイクニング」に続く、Escape Talesシリーズの脱出ゲームです。とはいえ、独立した製品なので「アウェイクニング」を遊んでいない人でも、問題なく楽しめます。

謎解きはもちろん、魅力的なストーリーに焦点を当てているところが特徴的です。シナリオはかなり過激で、15歳以下の子どもがプレイするのは推奨されていません。

「ローメモリー」で、プレイヤーは3つのキャラクターになりきり、3つの異なる視点でストーリーを体験します。

キャラクターを切り替えることで、新しい視点が見つかり、ゲーム内の探索方法も変わります。

ゲームの最後には、正しい判断を下すことを求められます。 「ローメモリー」に敗北はありません。ただし、プレイヤーの選択次第で、最終的な結末が左右されます。

「ローメモリー」では、ストーリーブック、各種カード類、アクショントークン、そして専用アプリを使います。

アプリはオフラインで使用でき、謎解きの回答を入力したり、逆にヒントを得たりできます。(どうしても解けない場合は、答えを見ることもできます)

「ローメモリー」はトータルで6~9時間を遊べるという長編で、前作の「アウェイクニング」よりもずっと長く、そして難しい謎解きを味わえることでしょう。

購入できるお店は?

「ローメモリー 日本語版」は、Amazon・楽天で購入できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました