評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 3~4人
時間 45~60分
言語依存 なし
対象年齢 10歳以上
デザイナー 沢田大樹
アートワーク 橋口貴志
版元 / 販売元 B2Fgames
New Games Order
BGGのページはこちら

テーマ

スクエアオンセール のボックスアート
スクエアオンセールのボックスアート

スクエアオンセールは、土地の入札+高層ビルの建設をテーマにした、競りと陣取りのボードゲームです。

プレイヤーたちの前には、近い将来に地価が高騰するであろう5×5マスのスクエア型の土地があります。

初めは何も建っていない、まっさらな土地ですが、ゲームを通してだんだんとビルの建設が進みます。

ビルの建設権利は「競売」によって決まります。

土地は一斉に開発されていくため、さまざまな場所で同時多発的に競売が起きます。タイミングよく資金を投下し、ほかのプレイヤーを出し抜きましょう。

ゲーム終了時、高層ビルが立ち並ぶなか、より多くの(そしてより価値の高い)ビルを所有している人が勝者です。

ルールの概要

スクエアオンセール の布ボード
スクエアオンセールの布ボード

スクエアオンセールでは、5×5マスの布製のボードを使います。(オシャレ!)

5×5マスのうち、真ん中の黒い9マスは「中央」、上下左右の3マスずつを「辺」、四隅を「角」と呼びます。

1つ1つのマスの価値は同じですが、どの地区にあるのかによって、適用されるルールが変わります(後述)。

スクエアオンセール のプレイヤー駒
スクエアオンセールのプレイヤー駒

ゲーム開始時にプレイヤーが受け取るのは、20個のビル駒と、20金分の紙幣駒です。

紙幣駒を使って土地を競り落とし、ビル駒を配置していくのが基本の流れです。

それぞれのプレイヤーが手番でできることは「入札(値付け)」か「パス」です。

1つのマスを選んで入札する

スクエアオンセール の入札
入札するとカウントダウンが始まる

プレイヤーが手番でできることの1つ目は「入札(値付け)」です。5×5マスの土地から1つを選び、紙幣駒を置いて価格を付けます。

入札が済んだら、自分の紙幣駒の上にカウントダウンマーカーを置きます。カウントダウンマーカーの両面には「1」と「2」の点が描かれており、基本的には「2」の面を上にして置きます。

スクエアオンセール のプレイ序盤
ゲーム序盤の様子

再び自分の手番が回ってきたときには、カウントダウンマーカーをひっくり返って「1」の面になります。

さらに次の手番がくれば「1」のマーカーは取り除かれ、ビル駒を置けるようになります。

ちなみに、すでに誰かのビルが建っているマスも入札できます。その場合、落札後には、自分のビル駒を相手のものに乗せて配置します。

複数の駒でビルが形成されている場合、一番上に置いているプレイヤーがビルの所有者です。

スクエアオンセール のプレイ風景
だんだんとビルが大きくなっていく

ほかのプレイヤーの入札を上書きできる

「入札」では、ほかのプレイヤーがカウントダウンを進めているマスも選択できます。

相手よりも高い金額の紙幣駒を配置し、相手の資金を取り下げます。

この場合、相手プレイヤーに乗っていたカウントダウンマーカーは、更新した自分の紙幣駒に引き継がれます。

つまり、カウントダウンが「1」まで進んでいるのであれば、次の自分の手番には落札です!(おいしい!)

このように、同時多発的に、競りが進行していくのが「スクエアオンセール」の軸です。カウントダウンが引き継がれるため、同じタイミングで別々のマスを落札することもあります。

自分のビル駒ではさむと「オセロ」になる

落札して自分のビル駒を置いたタイミングで、ボード上のほかのビル駒を確認します。落札した場所から、縦・横・ななめの8方向に、自分の所有しているビル(自分の駒が一番上にあるビル)があれば、あいだのマスにもビル駒を置けます。

ようするに「オセロ」ですね。

タイミング良く落札すれば、ずらずら~っと自分の色にボードを染めることができます。盤面はダイナミックに変化して、とても爽快なシステムです。

逆に、相手のオセロを阻止するために、多少の無理をしてでも競売に挑むこともあります。

資金返還のタイミングはマスによって違う

落札時に支払ったお金は、メインボード上に残りますが、どのタイミングでプレイヤーの手元に返ってくるのかは、マスの位置によって変わります。

前述した「中央」「辺」「角」の区別を思い出してください。

中央 手番開始時に、それぞれのマスから1金返還される
「パス」を実行すると、それぞれのマスから1金返還される
ゲーム終了時まで返還されない

中央の9マスに使用したお金は、毎手番開始時に戻ってきますが、辺に置いた資金を回収するには「パス」をする必要があります。

また、角に置いたお金は、ゲーム終了時まで返ってきません。「オセロ」の要領を考えると四隅はとても強力な場所ですが、角に大量資金を投入してしまうと、以降の戦いが厳しくなります。

ちなみに、各プレイヤーの所持金はゲーム開始時に配られた20金がMAXです。どの地域にどのくらい投資して、いつ回収するか。時間と空間のコンビネーションが見事で、独特です。

スクエアオンセール のプレイ風景
ゲーム終盤の様子

所有しているビルの価値で勝者が決まる

誰かがビル駒を使い切ってしまうか、5×5マスのすべてにビル駒が置かれる、あるいは、全員が2回続けてパスをすると、ゲーム終了です。(連続パスの規制はゲームの停滞を防ぐためのものなので、あまり気にしなくて大丈夫です)

所有している、つまり、自分の駒が一番上にあるビルの高さの合計が勝利点です。

スクエアオンセールはビルを建設していくゲームなので、終了時に手元に残っているビル駒は、マイナス点になります。

また、ゲーム序盤にボード上に出現する「宝石」も1つ1点になります。「宝石」は、マスに初めてビルを建てた人が獲得できるボーナス点です。

スクエアオンセールの宝石トークン
スクエアオンセールの宝石トークン

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。タイミングを見計らってコンボを狙う系なので、ゲーム好きの人から評判が良いようです。

雑感

スクエアオンセールは、ゲームの情報がすべてオープンになっている、いわゆる完全情報ゲームです。運の要素はいっさいありません。

とはいえ「どこにどれくらい張るのか?」はプレイヤーの裁量で変わるので、最適解を探していくゲーム展開にはなりません。

「イイとこ狙いますね!」「そこは渡せない!」ってめちゃくちゃ言ってしまいます。そして張りすぎて後悔します。とても面白いです(笑)

ただ、波及(オセロ)によるコンボを狙っていくゲームなので「基盤を作るのが出遅れてしまうと、かなり不利になる」という一面もあります。ゲーム初心者や初対面の人と遊ぶのには向いていないです。

ちなみに、スクエアオンセールは、ドイツの「ヒッポダイス賞」を2005年に受賞しています。

当初、賞の応募規定をすり抜けるために99部だけ頒布されていましたが、2019年春に版元のニューゲームズオーダーより製品版として発売されました。めでたいです。

販売情報

スクエアオンセールは2019年に製品化したばかりなので、執筆時点ではさまざまな店舗で取り扱われています。

定価は税込み6,000円で、Amazonでも取り扱いがあります。Amazonの商品ページはこちら

駿河屋の通販サイトでは税込み5,480円で扱っているので、500円ほどお得です。5,000円を超えているので、販売手数料や配送料はかかりません。

駿河屋の商品ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です