ファンタジーの本

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~」ってどんなボードゲーム?

基本情報

人数 2~4人
時間 40~60分
言語依存 カードにテキストあり。日本語版が望ましい。
対象年齢 13歳以上
デザイナー Tim Eisner
アートワーク Noah Adelman
Lina Cossette
David Forest
版元 / 販売元 Druid City Games
アークライト
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~ 完全日本語版」のボックスアート
出典:https://arclightgames.jp/

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~」は、グリム童話をテーマにした戦略的バッティングゲームです。

「グリムフォレスト」で、プレイヤーたちは、童話「3匹のこぶた」の豚になり、「わらの家」「木の家」「レンガの家」を作ります。

ゲームに勝利する条件は、種類を問わず、もっとも早く3つの家を建てることです!(※同時達成の場合のみ、建物の価値が比べられます)

バッティングを軸にした分かりやすいルール

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~ 完全日本語版」のカード
出典:https://www.druidcitygames.com/

「グリムフォレスト」のルールはとても分かりやすいです。ゲームは「収集」「建設」「クリーンアップ」という流れで進みます。

基本的なシステムは、バッティングです。

収集フェイズで、各プレイヤーは「わら」「木」「レンガ」「市場」を表すエリアカードから1枚を選んで、いっせいにプレイします。

エリアを選んだのが自分だけならば、ストックされていた素材は総取りできます! もしも、複数のプレイヤーが選んでいた場合は、山分けです。(端数はエリアに残ります)

獲得した素材は、当然、建設フェイズで家を建てるのに使います。

「グリムフォレスト」では、建築する家は「床」「壁」「屋根」に分かれた立体フィギュアになっています! 順番に建設を進め、ゲームに勝利しましょう!

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~ 完全日本語版」のイメージアート2
出典:https://www.druidcitygames.com/

グリム童話のキャラクターたちによる妨害と助力が魅力

「グリムフォレスト」を面白くする最大の要素は、さまざまなグリム童話のキャラクターたちです!(ただ資源を集めて家を建てるだけでは面白みに欠けます)

「グリムフォレスト」では、グリム童話に登場するキャラクターがカードになっており、収集や建設に大きな影響を与えます!

キャラクターたちは、58枚の「寓話カード」と、25枚の「おともだちカード」に描かれています。

「寓話カード」は、収集フェイズでエリアを決める際に、同時に使用できるカードです。エリアカードと同じように裏向きで出して、いっせいに公開します。

グリム童話をもとにした様々なイベントが描かれており、モンスターが登場したりして、盤面に思わぬ展開をもたらします。

寓話カードを上手に使い、ほかのプレイヤーを出し抜くことが、ゲームに勝利するカギになることでしょう!

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~ 完全日本語版」のイメージアート
出典:https://www.druidcitygames.com/

また、もう一方の「おともだちカード」は、プレイヤーが家の「壁」を建設したタイミングでやってくる仲間です。各プレイヤーは1枚だけ「おともだちカード」を自分の前に置き、さまざまな助力を得られます!

登場するキャラクターもすべて立体フィギュアになっているため、見た目にも楽しいゲームになっています!

公式のプロモーション動画(英語)

版元のDruid City Games社によるプロモーション動画をご紹介します。(※英語)

白雪姫、長靴をはいた猫、ロビンフッド、魔女、オオカミといった、お馴染みのキャラクターが登場しているのが分かります。

 

言語依存のあるゲームなので、完全日本語版で遊べるのは嬉しいですね!

予約できるお店は?

「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~ 完全日本語版」(2020年9月26日発売予定)は、Amazon・楽天・駿河屋で予約できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です