評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 2~5人
時間 90~120分
言語依存 なし
対象年齢 12歳以上
デザイナー Alain Epron
アートワーク Konstantin Vohwinkel
版元 / 販売元 Quined Games
ホビージャパン
BGGのページはこちら

テーマ

バヌアツ(Vanuatu)のボックスアート
バヌアツ(Vanuatu)第2版のボックスアート

「バヌアツ」は、南国の住民になって”村おこし”ならぬ”国おこし”をするボードゲームです。

舞台は、オーストラリアの東に位置する「バヌアツ共和国」。グーグルマップで調べると、ココ(↓)です!

島!!

ストリートビューはこんな(↓)感じ!

美しすぎてずっと見ていられます。

さて、バヌアツ共和国は、83の諸島からなる島国です。観光業が経済の基盤になっています。ただ、いかんせん資源が乏しいので、あまり裕福ではありません。

「バヌアツ」のボードゲームでは、やってくる観光客を島に案内したり、難破船から財宝を回収したり、海に潜って魚を獲ったりしながら、国を繁栄させていきます。

疲れた現代人の心をわしづかみにする素晴らしいテーマです。

南国の青い海が描かれたボードが綺麗で、夏に遊ぶのにぴったりです。ウクレレで演奏されたハワイアンミュージックなどをかけながら遊ぶと良いです。

バヌアツ(Vanuatu)のプレイ風景
バヌアツ(Vanuatu)のプレイ風景

ルールの概要

バヌアツ(Vanuatu)のワーカーとスタートプレイヤー駒
スタートプレイヤー駒はウミガメ

「バヌアツ」は、基本的にはワーカープレイスメントのボードゲームです。

それぞれのプレイヤーに5人のワーカー(労働者というか住民?)が配られており「ヨットの移動」「宝を回収する」「魚を獲る」「観光客を呼び込む」「砂絵を描く」などの計9つのアクションに配置していきます。

当然、一定のルールがあるので、配置したアクションをすべて自由に実行できるわけではありません。

バヌアツ(Vanuatu)のメインボード
バヌアツ諸島をヨットで渡る

各プレイヤーの現在位置はヨット駒で表されており、海のタイル上では「釣り」や「宝の回収」、島タイル上では「観光客の呼び込み」や「砂絵」などを実行できます。

(砂絵は、バヌアツ共和国に実際にある民族文化です。ユネスコの無形文化遺産にも登録されているとか!)

島々を行き来しながら、全8ラウンドのあいだに、もっとも多く繁栄点(勝利点)を獲得したプレイヤーが勝者です。

配置したワーカー数が多いプレイヤーが優先権を得る

バヌアツ(Vanuatu)のワーカー駒
ワーカーは毎ラウンド5つ

各ラウンドでは、スタートプレイヤーから順番にワーカーを置いていきます。ワーカーの数は5つで、ゲーム中の増減はありません。

アクションの種類は、以下の通りです。

  • ヨットを動かす
  • お店を建てる
  • 魚を獲る
  • 宝物を回収する
  • 魚を売却する
  • 名産品を輸出する
  • 砂絵を描く
  • 観光客を呼び込む
  • 休息

「バヌアツ」では、ワーカーの配置ルールが独特で、計5つのワーカーを2・2・1に分けて配置していきます。

つまり、まずスタートプレイヤーから2つ配置し、時計回りに、ほかの人が続きます。全員が2つ置いたら、またスタートプレイヤーから2つずつ…と1周。最後に残りの1つを配置する流れです。

全員がワーカーを5つ置き終えたら、アクションを解決していきます。

バヌアツ(Vanuatu)のアクション例
ワーカー数の多い人が優先権を得る

各アクションは、もっとも多くワーカーを配置しているプレイヤーが優先して実行できます。

例えば、上記の例だと黄プレイヤーがアクションを実行しないと、2番手の紫プレイヤーは「ヨットの移動」を選べません。

アクションの実行タイミングがズレると、ラウンド中の”予定”に大きなひずみが生まれることもあります。お分かりのとおり、かなりガチガチで、ゲーマー向けの仕組みです(笑)

1つのアクションにどれだけワーカーを置いても、実行回数は1回です。ただし、優先権を得ることが大きなアドバンテージになるので、2つ、3つと積み上げていく戦略が生まれます。

ゲームが進むと行動範囲が広がる

バヌアツ(Vanuatu)のプレイ序盤
バヌアツ(Vanuatu)のゲーム序盤の様子

バヌアツでは、ラウンドが進むにつれて新しい島と海域が現れます。

島と海は六角形のタイルに描かれており、スタートプレイヤーがラウンド開始時に2枚、配置します。8ラウンドが終わるころにはボード全体を行き来できるようになります。

バヌアツ(Vanuatu)のゲーム終了時の様子
バヌアツ(Vanuatu)のゲーム終了時の様子

遊ぶたびに違った盤面になる工夫で、どこにどんなタイルが現れるかによって戦略が変わります。リプレイ性がありますね。

ただ、配置ルールによってある程度の調整はされています。資源の偏りでゲームが壊れる心配はなさそうです。

ラウンド開始時に人物タイルを選ぶ

バヌアツ(Vanuatu)の人物タイル
「お助けキャラクター」をGet!

後出しの説明になってしまいましたが、各ラウンドの開始時には「お助けキャラクター」的な人物タイルを獲得するフェイズがあります。

魚を獲ると繁栄点がもらえる「漁師」や、砂絵を描くとボーナスになる「芸術家」、配置した自分のワーカーをあとで動かせる「総督」など、計11名もの人物がいます。

盤面と他プレイヤーの動きを見て、もっとも効果的なキャラクターをゲットするようにしましょう!

ちなみに、人物タイルは、2ラウンド連続で同じものを選べないようになっています。だれかが強いものをキープし続けるような展開にはなりません。

バヌアツ(Vanuatu)の人物タイル
バヌアツ(Vanuatu)の人物タイル例

お金持ちは国に寄付させられる

最後に、バヌアツの特徴的なルール「所持金のバースト」を紹介します。

プレイヤーの資産よりも国の繁栄のほうが重要視されることを表現したルールです。

具体的には、所持金が10金を超えたプレイヤーは、問答無用で寄付を強制され、繁栄点に変換されます!!(なんてこった!)

バヌアツ(Vanuatu)の所持金トラック
10金貯まると寄付させられる

「勝利点になるなら良いんじゃない?」と思いがちですが、実は、この所持金バーストによる繁栄点の獲得は、かなり変換効率が悪いです。

しかも「ヨットを動かす」「お店を建てる」などのアクションにはお金が必要なので、寄付して資金がなくなると計画が全部ダメになる危険があります。

不注意でバーストしないよう、きちんとコントロールしていきましょう。8金前後をキープできると最高ですが、まあ、なかなか難しいです…!

バヌアツ(Vanuatu)の売却トラック
魚を売る際の金額も変動したりします(割愛)

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。アートワークからイメージされる「のんびり、のどかな南国生活」とは裏腹に、戦略性が高いので、ゲーマーに人気があります。

感想

涼しげな見た目なので「夏のあいだに!」と遊ばせていただきました!9月上旬が夏かどうかは置いておいて…(笑)

4人、全員初プレイ。BGMはウクレレを使った楽曲を。

ルール自体は分かりやすく、インスト時間は20分ほど。ただ、プレイは意外と時間がかかってしまって、なんと3時間超え。

重すぎる、という感じはないけれど、人物タイルの選択やワーカーの配置など、考えどころが多いので、見た目ほど間口は広くない印象です。

今回のプレイでは、観光客を案内せずに帰国させてしまうラウンドが発生して、全員、点数が伸び悩む展開に…!

終盤は、そもそもバヌアツを訪れるお客の数が少なくなってしまい「たぶん悪い口コミが広がったんだよ」と全員が口々にいうことに…。観光業はシビアですね(笑)

バヌアツ(Vanuatu)のプレイ風景
「おもてなし」の心が大切です!

販売情報

「バヌアツ」は、初版と第2版が流通しています。記事で紹介したコンポーネントは第2版のものです。

第2版には「海面上昇」という拡張ルールも同梱されています。長く遊びたい人は、第2版がおすすめです。

版の違いはボックスアートで確認できます。

駿河屋の通販サイトでは、第2版の中古品(日本語ルールあり)が、税込み6,500円で売られています。

駿河屋の商品ページはこちら

また、Amazonでも第2版を取り扱っています。価格は9,000円なので高いですが、発送は早いです。

Amazonの商品ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です