基本情報

人数 4~8人
時間 30~45分
言語依存 あり。日本語版でないと難しい。
対象年齢 12歳以上
デザイナー Jan Březina
Martin Hrabálek
Michal Požárek
アートワーク Dávid Jablonovský ほか
版元 / 販売元 Czech Games Edition
ホビージャパン ほか
BGGのページはこちら

ゲームの概要

トラップワード 日本語版のボックスアート
出典:http://hobbyjapan.games/

トラップワードは、2チームに分かれて遊ぶ、言葉遊び系のボードゲームです。

1つのチームは「出題者」と、それ以外の「回答者」に分かれて、相手チームよりも上手に以心伝心することを目指します!(このため、最低でも2人×2チーム=4人以上で遊ぶ必要があります)

ゲームの基本システムは、よくある「ワードトラップ」(NGワードゲーム)です。相手チームの仕掛けた言葉を発してしまうとNG、というやつですね。

ただ、もう少し捻りがあり、「出題者」だけが知っている「秘密のワード」を、NGワードを避けながら回答者に上手く伝えて、答えてもらう、というルールになっています!

出題者はいくつでもヒントを出せますが、どんなトラップが仕掛けられているのか分からないので、ハラハラしながら言葉を選んでいくことになります!

(もちろん「秘密のワード」をそのまま伝えることはできません。)

また、相手の口にしそうな言葉を先読みして、うまく罠をしかける楽しみもあります。

お題をクリアするとダンジョンを進める

トラップワードのコンポーネント
出典:https://czechgames.com/

「トラップワード」には、一応、ダンジョンを進んでいってモンスターを倒す、というファンタジーテーマがあります。

(とはいえ、言葉遊びがゲームのキモなので、ファンタジー以外でも遊べるようにコンポーネントは作られています。ナイス配慮!)

ダンジョンは5つのタイルで構成されており、チームがお題をクリアするたびに、先のタイルに移動します。

ダンジョンを進むたびに相手チームから仕掛けられるトラップワードの数が増えるルールになっており、だんだんと難易度が上がります。最初は3語ですが、最奥部では7語です!

ダンジョンの奥には、追加の試練を与えるモンスターが待ち構えており、先にその試練をクリアしたチームがゲームに勝利します!

時間制限があるのでサクサク進行

砂時計
タイムアップ!

「トラップワード」では、チームごとに手番をおこなっていきますが、1手番で使える時間は砂時計で決められています。

また、チームメイトが回答を5回間違えたり、出題者がNGワードに引っかかってしまった場合も、交代です。

手番終了の条件が明確なため、ゲーム進行はかなりサクサクですね!

また、1ラウンドで両チームともに「失敗」で手番を終えてしまった場合は、なんとモンスター自身が近づいてくるルールになっています。

倒すべき試練が近づくため、だらだらとゲームが長引いてしまう心配もなさそうです。また、8ラウンドが終了しても、ゲームは強制終了することになっています!(クリアしていなければ両チームとも敗北です)

「秘密のワード」は全800語!

トラップワードの日本語版では「秘密のワード」が全800語も用意されています。

言葉選びを題材にしたコミュニケーションゲームなので「このお題、前に遊んだときもやったな…」とならないか心配でしたが、800パターンもあるのであれば繰り返し遊べそうです。

難易度を上げる「呪い」システム

一緒に遊ぶメンバーによっては、ダンジョンの特定の位置に、コミュニケーションの難易度を上げる「呪い」が設定されることがあります。

呪いには「洪水」「石化」「こだま」などの種類があり、例えば「出題者が石のように固まる」「代名詞が使えなくなる」などの効果があります。

ただし、あくまで「呪い」はゲームをアグレッシブにするためのスパイスという位置づけです。初プレイ時には使わない、ゲームに慣れてきたら増やすなど、バランス調整用にしましょう。

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。とはいえ、日本語版の発売直後なので海外のツイートがほとんどです。まず外さないルールなので、かなりいろいろな人に遊ばれていますね。

購入できるお店は?

「トラップワード 日本語版」は、Amazon、または、駿河屋で購入できます。

ホビージャパン(HobbyJAPAN)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です