エンチャンターズ|ボードゲームの紹介

エンチャンターズ(Enchanters )の旅路トラックボードゲームの紹介
ボードゲームの紹介
スポンサーリンク

基本情報

人数2~4人
時間30~60分
言語依存カードにテキストあり(日本語版は未発売)
対象年齢14歳以上
デザイナー Rafał Cywicki
Jacek Gołębiowski
アートワーク Marta Fleter
Tomasz Mroziński
版元 / 販売元GIndie
LudiCreations
BGGのページはこちら

ルールの概要

「エンチャンターズ:オーバーロード」のボックスアート
「エンチャンターズ:オーバーロード」のボックスアート

「エンチャンターズ」は、付与術師(エンチャンター)となって自分の魔法具を構築していくカードゲームです。

最初は攻守ともに「0」の状態でゲームがスタートします。ただ、手番で旅をする(カードを獲得する)ことで、武器を手に入れ、魔法をエンチャントしていけます!

「エンチャンターズ」は、アイテムを強化して売るゲームではありません! 魔法を付与した武具≪エンチャントウェポン≫は自分自身が使います。

強化した魔法具で魔物やドラゴンを倒していきながら、ゲーム終了までに最も多くの勝利点を集めたプレイヤーの勝利です!

エンチャンターズ(Enchanters )の初期カード
最初は「素手」+「魔法無し」

「エンチャンターズ」はキックスターター発のゲームで、日本国内ではほとんど見かけません。

ただ、基本セット(2017年)から始まり、海外では「オーバーロード」「オデッセイ」「イーストクエスト」といった拡張セットが続いています。地味に人気のあるシリーズです。

手番アクションは「旅をする」or「休憩」

「エンチャンターズ」のルールはとてもシンプルです。手番ごとに「1.旅をする」か「2.休憩」を実行していきます。

旅をしてカードを獲得する

エンチャンターズ(Enchanters )の旅路トラック
エンチャンターズ(Enchanters )の旅路トラック

旅をする」を選んだ場合は、共通ボード上の旅トラックに並んでいるカードを1枚選び、獲得します。

獲得する際には、手持ちのクリスタルをコストとして支払います。(ゲーム開始時の初期クリスタルは5つ)

必要なクリスタルの数は、カードがボードの左端からいくつ離れているかによって変わります。1枚目のカードはクリスタル不要で獲得できますが、2枚目以降は1つずつコストが増えます。

誰かがカードを獲得すると、空いたスペースは左詰めで整理されます。つまり、1巡前には高コストだったカードも、次の手番には手に入りやすくなっているかもしれません。どこで獲得するかはプレイヤー間の駆け引き次第ですね!

「エンチャンターズ」では、プレイヤーの前に、カードの種類ごとのスタック(列)が構築されていきます。

旅で武器を獲た場合は武器スタックの1番上に置き、魔法なら魔法スタックに重ねます。

エンチャンターズ(Enchanters )のカード使用例「Ring」+「of Pain」
「Ring」+「of Pain」

2つのスタックがあるため、魔法と武器を組み合わせた能力が作られます。例えば、上記の例であれば「Ring of Pain=痛みの指輪」を装備していることになります。

カードの種類ごとにスタックは固定なため、新しいカードを手に入れると能力は上書きされます!

ただ、過去のカードがすべて無効になるわけではなく、実際にはカード下部のアイコンが見えるように重ねます。このため、攻撃力や防御力の上昇は引き継がれます。

エンチャンターズ(Enchanters )のカード使用例
カード下部だけ見えるように重ねる

こうすることで「少しずつ装備が強化される」+「強化すると特殊能力が変わる」という仕組みになっています。

(例えば、ゲーム序盤で強い特殊能力のカードを手に入れたとしても、ずっと同じカードに頼っているだけでは、攻撃力や防御力が上昇しません!)

エンチャンターズ(Enchanters )のステータスボード
ステータスを上げないとモンスターは倒せない!

旅トラックに魔物やドラゴンといった「モンスター」のカードが現れている場合は「旅をする」アクションで戦闘できます。無事に倒せば、獲得でき、ゲーム終了時の勝利点になります。

ちなみに、戦闘はモンスター側からの先制攻撃で、防御力が足りなければダメージを受けます。戦闘による負傷は、1ダメージにつき「マイナス1勝利点」として扱われます。

エンチャンターズ(Enchanters )の負傷トークン
「エンチャンターズ」の負傷トークン

休憩では「クリスタル獲得」か「回復」を選べる

手番に選べるアクションの2つ目は「休憩」です。休憩では「クリスタルの獲得」か「負傷の回復」のどちらかの効果を受けられます。

厳密には「休憩」の効果は、ゲーム開始時にランダムで設定する「村」カードによって決められます。(いくつクリスタルが手に入るか、どのくらい回復できるか村カードに示されています)

エンチャンターズ(Enchanters )の村カード「ドラコポリス」
村カード「ドラコポリス」

実は「エンチャンターズ」にはいくつもの村カードが用意されており、遊ぶたびに、少しずつゲームのルール設定が変わります。

クリスタルを得やすい、体力を回復しやすい、ゲーム終了時に勝利点ボーナスを得られるなど、村のバリエーションはかなり豊富です。

ちなみに「休憩」を選んだ場合、旅トラックの1番左側のカードは捨て札になります。

そうして、山札がなくなり、旅トラックも空になるとゲーム終了です。(カード枚数的に、手番数は全員同じになります)

エンチャンターズ(Enchanters )のゲーム終了時の様子
ゲーム終了時の様子

使用するデッキはゲームごとに変わる

「エンチャンターズ」では、プレイ人数と同じ数の「王国デッキ」を使い、ゲームで使用する共通の山札を作ります。(例えば、3人プレイなら3つの王国デッキを使います)

このため、ゲームの度に使用するカードがガラリと変わります!

基本セットには、王国デッキが6種類入っています。「ゴブリン」「竜人」「強盗団」などで、それぞれに特色があり、多様な展開を楽しめます。

拡張セットを加えると王国デッキは倍増するので、リプレイ性はさらに高くなります!

エンチャンターズ(Enchanters )の大量の王国デッキ
大量の王国デッキ(オーバーロード拡張込み)

公式のプロモーション動画(英語)

版元のGindi社によるプロモーション動画を載せておきます。キックスターターで出資者を募っていた時に使っていたものです。

英語ですが、シンプルなルールなので、イメージはつかめると思います。

 

感想

良いゲームです!

3年ほど前にボドゲカフェ「さいふる」で遊んで以来、ずっと探していたゲームでした。ようやく入手。

パッと見だとソロプレイ感が強そうな印象を受けますが、遊んでみるとプレイヤー間の絡みはむしろ強めです。

「ほかのプレイヤーにダメージを与える」「クリスタルを奪う」といった分かりやすいものだけでなく、「相手のカードの並びを変える」「自分のカードをだれかに渡す」といった変化球もバンバンあります。

それでいて手札がないため、盤面の見通しが良く、パーティゲーム的になりません。個人的には、ファンタジーテーマというところも好きです。

私が手に入れたのは、基本セット+拡張「オーバーロード」なので、そのうち追加要素も遊んで、ご紹介したいと思います!

購入できるお店は?

「エンチャンターズ」は、日本国内ではほとんど見かけません。下記のボタンでは、Amazon・駿河屋で「enchanters」を検索できます。

駿河屋でタイムセール実施中!
ボードゲーム約6,500点が最大40%オフ!

スポンサーリンク
イカ(管理人)をフォローする
新作ボードゲーム|注目ランキング
ネメシス 日本語版
ネメシス 日本語版

「ネメシス」は、エイリアンの侵入した宇宙船を舞台にした、半協力型のボードゲームです。SFパニックホラーの傑作映画「エイリアン」シリーズの世界観をそっくりそのままボードゲームに再現した作品ともいえます。

バロニィ:スペシャルボックス 日本語版
バロニィ:スペシャルボックス 日本語版

「バロニィ」は「宝石の煌き」でおなじみのマーク・アンドレ氏が手掛けた傑作陣取りゲームです。「バロニィ:スペシャルボックス」には、拡張セットの「ソーサリー」が同梱されています。

サンクトゥム 日本語版
サンクトゥム 日本語版

「サンクトゥム」は、モンスターを倒しながらキャラクターを強化し、デーモン・ロードを討伐することを目指す「ハック&スラッシュ系」のボードゲームです。

アローン 日本語版
アローン 日本語版

「アローン」は、暗闇のなかを探索するプレイヤー1人と、脅威となって襲い掛かる他プレイヤーに分かれて遊ぶ、非対称性のSFサバイバルホラーゲームです。

ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版
ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版

「ラストオーロラ ~希望の船を追って~」は、気候変動で極寒になった終末世界を舞台にしたボードゲームです。新たなサバイバー(生存者)を獲得し、チームを強化していきながら、デッドレースを繰り広げます!

チャーターストーン 完全日本語版
チャーターストーン 完全日本語版

「チャーターストーン」は、全12回のキャンペーンゲームを通してワーカープレイスメントゲームをつくっていくレガシータイプのボードゲームです。ゲームを繰り返し、開拓が進むにつれて、行ける場所が増え、実行できるアクションが充実していきます。

リネイチャー 日本語版
リネイチャー 日本語版

「リネイチャー」は、汚染された渓谷を自然あふれる状態に復元することをテーマにした、陣取りタイプのボードゲームです。クラマー&キースリングの新作!

マリポーサ 完全日本語版
マリポーサ 完全日本語版

「マリポーサ」は、蝶の「渡り」をテーマにしたボードゲームです。ゲームデザイナーは「ウイングスパン」で様々な賞を総なめにしたエリザベス・ハーグレーブ氏。美しいアートワークと、テーマに沿ったゲーム性が魅力です。

Boardgame-overReview

コメント

タイトルとURLをコピーしました