評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 2~4人
時間 5~15分
言語依存 なし
対象年齢 8歳以上
デザイナー 中村良
アートワーク 伊勢雅徳
版元 / 販売元 ラディアスリー株式会社
BGGのページはこちら

ゲームの概要

FILLIT(フィリット)のボックスアート
FILLIT(フィリット)のボックスアート

FILLITは、テーマ無しのシンプルな陣取りゲームです。

交互に駒を動かし、自分のチップをすべて置ききったプレイヤーの勝利という、とても分かりやすいルールながら、情報がすべて見えているため”読み合い”が熱くなるゲームです。

ゲームマーケット大賞2019の「優秀賞」を受賞しており、バージョンによってコンポーネントが違います。

FILLIT(フィリット)のボード
FILLIT(フィリット)のボード

6角形のマスがハチの巣のように集まったボード上を、それぞれのポーンが移動することでゲームは進みます。

2~4人対応のゲームですが、4人で遊ぶときは2対2のチーム戦になります。座席はどの位置でも良いですが、チームごとに交互にプレイしていくよう順番を決めます。

(この記事では4人プレイ時の内容を書いています。2~3人で遊んだ場合は、仲間がいないだけで、要領は同じです)

手番でやることは「自分のポーンを動かす」と「自分のチームの石を1つ動かす」の2つで、どちらを先に実行するかは自由です。

自分のポーンを動かす

FILLIT(フィリット)のプレイ風景
FILLIT(フィリット)のプレイ風景

ボード上のポーンを、障害物にぶつかるまで、どこかの方向に動かします。

障害物になるのは、ボードの黒い部分にあたる壁・ポーン・石の3つです。(「ハイパーロボット」や「それは俺の魚だ!」をイメージすると分かりやすいです)

ポーンを動かしたら、通ってきた道に、自分のチームのチップを置きます。

チップは全部で25枚で、先にすべて置ききったチームの勝利です。分かりやすい!

通過した位置に相手チームのチップがあった場合は、取り除き、自分チームのチップに置き換えます。

自分のチームの石を1つ動かす

自分のチームの石を、1つ隣のマスに動かします。ポーンと違って、複数マス進むことはないですし、チップを置くこともないです。

石の移動の特徴は、移動先にポーンやチップ、石があった場合に、互いの位置を入れ替えることです。

相手の進路を塞ぐために動かすだけでなく、自分のポーンを有利なルートにズラすことにも使えるので、石の扱いが勝利への鍵になります。

FILLIT(フィリット)のプレイ風景
ゲーム終了時の様子

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。シンプルなルールなのに奥が深い、という評価が見られますね。また、2~3人で遊ぶ人が多いようです。

感想

良いゲームです!とても分かりやすいルールで、しかも先読みがしやすいので、ゲーマー・非ゲーマー問わず、楽しめると思います。デザインもスッキリしていて好印象!

ただ「先手プレイヤーが有利かな~」という印象はあります。後手は守りに入ってしまうと厳しいかな?

公式ではプレイ時間5~15分ですが、完全に情報が見えているので、考え込んでしまう人がいると20~30分ぐらいにはなりそうです。

読み合いがゲームのキモなので、長考が許容される雰囲気で遊びたいですね。

販売情報

FILLITはAmazonで購入できます。価格は2,200円(税込)です。プライム対応なので、送料無料にできます。

Amazonの商品ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です