BLUE PIECE(ブルーピース)|新宿区曙橋のボードゲームカフェ

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のロゴボドゲカフェの紹介
ボドゲカフェの紹介
スポンサーリンク

BLUE PIECE(ブルーピース)はどんなお店?

店名GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)
アクセス都営新宿線 曙橋駅
駅A4出口から徒歩2分
▶Googleマップを開く
住所〒160-0007
東京都新宿区荒木町16-16 ベルウッドビル 2F
営業時間平日17:00~24:00
土日祝13:00~23:00
定休日火曜日
TEL03-6876-9749
ボドゲ数200種類以上
お店の特徴・落ち着いた大人な雰囲気
・お酒や食事が充実
・ワンドリンク制
・新宿、秋葉原から10分程度
・予約時に相席の可否を登録
公式サイトGameCafe&Bar BLUE PIECE
店内の雰囲気:Good!!

お店の様子はどんな感じ?

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のロゴ
GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のロゴ

新宿区曙橋にあるボードゲームカフェ&バー「GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)」に行ってきました。とても素敵なお店だったので、ご紹介します!

(※記事に写真を使うため、事前に許可をいただいて撮影しています)

最寄り駅は都営新宿線の曙橋駅です。あまり使うことのない駅ですが、新宿→新宿三丁目→曙橋なので、アクセスは意外と良いです。

お店の位置は駅から徒歩3分ぐらい。大通りから逸れたところでちょっと分かりづらいので、Googleマップを使いましょう。

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)の外観
GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)の外観

お店の外観。雑居ビルの2階で、やや目につきにくい…?

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のテーブル席の様子
店内の様子

ただ、店内に入るとひと目で分かる「当たりだ!」という雰囲気!

落ち着いた照明、ジャズ、そしてなんと、MARCO製のボードゲームテーブルが迎えてくれます!

店主さんは腰の柔らかい男性。近すぎず遠すぎず、程よい距離感です。まさにカフェ&バーですね。

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のカウンターの様子
カウンター席の様子

ざっと見たところ、テーブルは全部で4卓ぐらいでした。ゲーミングテーブル以外にも、丸テーブルやカウンター席もあります。

2人でうかがったので、私が案内されたのは丸テーブルのほう。(混んでるときはカウンターになる可能性もありそうですね)

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のメニュー
ワンドリンク制

システムは「最初の1時間」「延長30分ごと」「上限料金」という分かりやすい設定です。

2020年11月時点の価格は下記のとおり。

平日料金土・日・祝日料金
最初の1時間400円500円
延長30分ごと200円250円
上限料金1,500円
(4時間以上の場合)
2,500円
(5時間以上の場合)

なんと土日祝日をフルタイム(13~23時)で利用しても2,500円!安くないですか!!

ワンドリンク制で、ファーストオーダーからプレイ料金が発生する形です。(飲食のみ、つまりカフェ・バーとして利用するだけの場合はプレイ料金不要です)

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)の丸テーブル
GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)の丸テーブル

丸テーブルの様子。持ち込みのカードゲーム「モーレア」を遊びました!カードをずらっと並べても大丈夫な広さです。

ドリンクホルダーがついているので、飲み物を避けられるのも良いですね!

ただ、ホットの紅茶はティーカップでの提供でした。オシャレなんですが、ゲームを遊ぶときには厳しいですね…。注文する際に、ドリンクホルダーに収まる飲み物か聞いたほうが良さそうです!(カクテルもだめかも?)

GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)のボドゲ棚の様子
ボドゲ棚の様子

さて、店内のボドゲ棚の様子です!

サイズ、ルート、ウィングスパン、バラージ、バビロニアなどなど、かなり大箱が並んでいますね。小箱系もたくさんあります。

印象としては、近年のメインストリームを抑えたラインナップでした。「コール・トゥ・アドベンチャー」などの新作もあったので、新しいゲームの入荷も早そうです。

上記の場所以外にもボドゲ棚はあったんですが、うっかり撮り忘れました…。気になる人は、ご自分で確認を!(笑)

食事やアルコールが充実している

「GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)」は、食事やアルコールが充実しているのも特徴的です。

オムライス、ボロネーゼ、ジャンバラヤといった食事が楽しめます。

飲み物は、ソフトドリンクのほかに、カクテルやクラフトビール、ワインといったアルコール類も充実しています。

おつまみに最適なミックスナッツやソーセージ盛り合わせなどのメニューも!

今回、私はアイスコーヒーとジャンバラヤをいただきましたが、どちらも美味しかったですよ。次は夜までいて、お酒を楽しみたいですね。

Twitterの投稿

「GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)」を利用した人のツイートをご紹介します。

店主さんのインストが分かりやすい、料理がおいしい、MARCO製のゲーミングテーブルがあってすごい、といった口コミが見られますね!

2020年11月はプレイ料金無料キャンペーンを実施中!

「GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)」では、2020年11月限定で利用料金無料キャンペーンを実施しています!

キャンペーン利用方法は、Twitterでお店のアカウントをフォローし、利用者全員で上記のツイートをRTすること。あと、予約時にHNとキャンペーン利用を伝えること。

お店にとっては完全に赤字なキャンペーンですが、おそらく知名度を上げたいという願いがあってのことだと思うので、ぜひ活用しましょう!

きっと2回目以降も行きたくなる、素敵なお店ですよ。

お店の予約方法は?

「GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)」を予約するときには、下記の公式サイトから問い合わせましょう。

メニューの「RESERVE」から予約フォームに移動できます!

テーブルの数に限りがあるので、大きなボードを広げて遊びたいのであれば、予約のときに伝えておくほうが良さそうですね!

(ちなみに、当日予約の場合は、電話のほうが良さそうです!)

おまけ

「GameCafe&Bar BLUE PIECE(ブルーピース)」に行った日に遊んだ「モーレア」というゲームが、とても面白かったのです。「オルレアン」で知られるライナー・シュトックハウゼン氏のカードゲームです。

ゲームを遊んだときの感想は、周りの環境からも影響が受けると思っているので、このお店はそれだけ居心地が良かったんだと思います。

参考までに!

ゲームストア・バネスト/dlp games

駿河屋通販で「バロニィ:スペシャルボックス」の予約再開!

スポンサーリンク
イカ(管理人)をフォローする
新作ボードゲーム|注目ランキング
ネメシス 日本語版
ネメシス 日本語版

「ネメシス」は、エイリアンの侵入した宇宙船を舞台にした、半協力型のボードゲームです。SFパニックホラーの傑作映画「エイリアン」シリーズの世界観をそっくりそのままボードゲームに再現した作品ともいえます。

バロニィ:スペシャルボックス 日本語版
バロニィ:スペシャルボックス 日本語版

「バロニィ」は「宝石の煌き」でおなじみのマーク・アンドレ氏が手掛けた傑作陣取りゲームです。「バロニィ:スペシャルボックス」には、拡張セットの「ソーサリー」が同梱されています。

サンクトゥム 日本語版
サンクトゥム 日本語版

「サンクトゥム」は、モンスターを倒しながらキャラクターを強化し、デーモン・ロードを討伐することを目指す「ハック&スラッシュ系」のボードゲームです。

アローン 日本語版
アローン 日本語版

「アローン」は、暗闇のなかを探索するプレイヤー1人と、脅威となって襲い掛かる他プレイヤーに分かれて遊ぶ、非対称性のSFサバイバルホラーゲームです。

ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版
ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版

「ラストオーロラ ~希望の船を追って~」は、気候変動で極寒になった終末世界を舞台にしたボードゲームです。新たなサバイバー(生存者)を獲得し、チームを強化していきながら、デッドレースを繰り広げます!

チャーターストーン 完全日本語版
チャーターストーン 完全日本語版

「チャーターストーン」は、全12回のキャンペーンゲームを通してワーカープレイスメントゲームをつくっていくレガシータイプのボードゲームです。ゲームを繰り返し、開拓が進むにつれて、行ける場所が増え、実行できるアクションが充実していきます。

リネイチャー 日本語版
リネイチャー 日本語版

「リネイチャー」は、汚染された渓谷を自然あふれる状態に復元することをテーマにした、陣取りタイプのボードゲームです。クラマー&キースリングの新作!

マリポーサ 完全日本語版
マリポーサ 完全日本語版

「マリポーサ」は、蝶の「渡り」をテーマにしたボードゲームです。ゲームデザイナーは「ウイングスパン」で様々な賞を総なめにしたエリザベス・ハーグレーブ氏。美しいアートワークと、テーマに沿ったゲーム性が魅力です。

Boardgame-overReview

コメント

タイトルとURLをコピーしました