評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 2~4人
時間 10~20分
言語依存 なし
対象年齢8歳以上
デザイナー Charles Chevallier
版元 / 販売元Matagot
Asmodee
Pegasus Spiele ほか
BGGのページはこちら

ゲームの概要

カプチーノ(cappuccino)のボックスアート
カプチーノ(cappuccino)のボックスアート

カプチーノは、ラテアートをテーマにしたオシャレなボードゲームです。

ルールはとても簡単で、小学生の子どもでも遊べます。

カプチーノ(cappuccino)の駒
カプチーノ(cappuccino)のコマ

カプチーノで使うのは、ラテアートがあしらわれた4種類のコーヒーカップ状のコマです。

コマの底の部分が六角形になっていて、ゲームを始める前に、辺と辺をくっつけてテーブルに並べます。このとき、なるべくそれぞれのアートが入り乱れるように配置すると、ゲーム性が上がります。

セッティングが終われば、カップのなかから1種類を選び、自分の担当のコマにします。(3人で遊ぶときは、3種類だけをゲームに使います)

カプチーノ(cappuccino)のセッティングの様子
セッティング後の様子

自分のカップを隣に動かす

自分の手番にすることはとても簡単で、担当しているコマをどれかひとつ、辺が接している隣のカップに被せるだけです。

ただし、隣であっても「自分よりも高いカップ」には被せられません。

以降、被せて大きくなったカップは、下のものも含めて自分が占有している扱いになります。大きくなったカップを動かす際は、下のものも一緒に動かします。

つまり、一手一手カップを積み上げていき、より大きく高くなったカップほど「強い駒」になります。

互いの辺が接していることがカップが移動できる前提条件なので、ゲームが進んでいくと動かせる場所が減っていきます。

カップの移動が、攻撃であり、相手に攻撃されないための回避行動でもあるので、カプチーノは実は「陣取りゲーム」なのです。

ゲーム中盤の様子
ゲーム中盤の様子

カップを動かせなくなったらゲーム終了

全員が「もうこれ以上カップを動かせない!」という状態になったら、ゲームは終了です。

自分の駒が一番上にあるカップの集まりをすべてまとめてしまい、1本の巨大な塔にします。より塔が高くなったプレイヤーの勝利です!

たくさんのカップを占有していた人ほど塔は高くなるので、わざわざ点数計算をしなくても、ゲームの勝者が分かります。ナイスデザインです。

カプチーノ(cappuccino)の終盤の様子
ゲーム終了時の様子

2人プレイ用バリアントルールと上級ルール有り

カプチーノには2人用に「1人が2種類のカップを担当する」 というバリアントルールがあります。しかし「得点計算に使うのは1種類だけ」です。

この2人用ルールで遊ぶと「相手に取られないために動かしたけど、自分の点数にもなっていない」という状況が生まれ、戦略性が増します。2人で遊ぶならおすすめです。

また、カップの初期配置の段階から一手ずつプレイしていく「上級ルール」もあります。つまり、セッティング終了までが前半戦になり、それから通常どおりのゲームを遊ぶわけです。

個人的には、10~20分で遊べることがカプチーノの魅力だと思うので、上級ルールはあまりおすすめしません。

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。「可愛い」「おしゃれ」という意見が多く、なかには本物のラテアートと一緒に写真を撮っている人もいます。

感想

「カプチーノ」はすべての情報が開示されている、いわゆる完全情報ゲームです。が、不思議と重苦しさを感じないデザインになっています。

ゲームが進むにつれて盤面が整理されていき「あ! あそこ負けてる!」とすぐに気が付けるのがいいのかな、と思います。

短時間で遊べるため「もう一回やろう」と言ってもらいやすい作品です。

個人的な話ですが、友人の子ども(小学2年生と5年生の兄弟)がとても気に入っていて、会うたびに「遊ぼう」とせがまれていた思い出があります。(仕事の都合で遠くに来てしまいましたが、いつかまた彼らと遊びたいものです)

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「カプチーノ」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です