シカゴ証券取引所のプレイ風景

シカゴ証券取引所【ボードゲームの紹介】

評価

★ ★ ★ ☆ ☆

基本情報

人数 2~4人
時間 15分
言語依存 なし
対象年齢 8歳以上
デザイナー Pak Cormier
アートワーク Cyril Bouquet
Tomasz Larek
版元 / 販売元 1-2-3-Games Éditions
BGGのページはこちら

テーマ

価格はトレンドを形成する。

ジョン・J・マーフィー
シカゴ証券取引所のボックスアート
シカゴ証券取引所のボックスアート

「シカゴ証券取引所」は、先物取引をテーマにした小粒なボードゲームです。

舞台はシカゴにある商品先物取引所! 小麦やトウモロコシ、コーヒー豆などの商品が売買されており、投資家たちは利益を上げようと奮闘しています。

とはいえ、市場は暴落の一途をたどっています! 商品価格は下がっていく一方…。

冷え込んでいく市場を上手に渡り歩き、ほかのプレイヤーよりも利益を上げた人の勝利です!

※邦題は「証券取引所」となっていますが、証券(株)は売買しません。

ルールの概要

シカゴ証券取引所のプレイ風景
シカゴ証券取引所のプレイ風景

「シカゴ証券取引所」のルールはとても簡単です。

テーブルの中央には、円形に並べられた商品チップの山があり、そのうち1つにはトレーダー(ミープル)が乗っています。

商品の種類は、小麦・米・カカオ・コーヒー豆・砂糖・トウモロコシの6種類で、どの山になにがあるのかは分かりません。

手番でやることは、以下の通りです。

  1. ミープルを時計回りに1~3マス動かす
  2. ミープルの止まったマスの前後どちらかの山の上から商品チップを1枚得る
  3. 選ばなかった側の山の上にある商品チップを1枚取り除き、価格を1下げる
シカゴ証券取引所のチャートボード
商品価格を表すチャートボード

商品の価格は、すぐそばに置いてあるチャートボードを使って管理します。

ゲーム開始時では、すべての商品は最高価格になっています。価格の幅は、基本的には0~6ドルで、小麦だけが1~7ドルです。

プレイヤーが、手番でどの商品を獲得し、なにを取り除いていくかで、市場のトレンドができていきます。

シカゴ証券取引所の銀行ストック
取り除かれていく商品たち…

時計回りに手番を繰り返していき、最終的に山が2つになったタイミングでゲームは終了です。(トレーダーの前後にチップがないため)

最後に、それぞれが所有している商品の価格をチャートボードで確認し、もっとも合計額が高いプレイヤーの勝利です。

シカゴ証券取引所の商品チップ
獲得した商品の価格を合計する

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。円形に並んだチップが、意外と写真に映えます。

とても小さな箱に入ったゲームで、ルール説明を含めても10分前後で終わるため「手軽で扱いやすい」と感じている人が多そうです。

感想

星3つで評価しましたが、プレイ時間に対する満足度で考えると、星4つぐらいです。

お手軽さもあって、わりと気に入っています。これまでに20回ぐらい遊んでいます。

「輪の上を1~3マス動かす」という、いわば【ロンデル】の仕組みを独自のやり方でゲームに落とし込んでいることも、評価高いです。

「アレを取るためにあそこまで行くと、次の人がアレを取ってしまう!」「あの商品の価格を下げられたくないから、ここで止まっておこう」など、良い具合にジレンマを感じられます。

ちなみに、4人プレイの場合はチーム戦になります。これもまた面白いです。

欠点は「積み上げているチップがずれると、下の商品が見えてしまう」というデザイン上の問題があることです。避けられたはずの欠点なので、とても残念です…。

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「シカゴ証券取引所」の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です