「ひらがなセンテンス」のボックスアート

ひらがなセンテンス|リモートで楽しめるワードゲーム!

評価

★ ★ ★ ★ ☆

基本情報

人数 2~10人
時間 5~15分
言語依存 日本語版のみ発売中
対象年齢 10歳以上
デザイナー YACO PRODUCTS
アートワーク YACO PRODUCTS

ゲームの概要

「ひらがなセンテンス」のボックスアート
「ひらがなセンテンス」のボックスアート

「ひらがなセンテンス」は、1文字ずつ公開される「ひらがな」を5×5のマス目に書き込み、お題に沿った「センテンス(=ひとまとまりの言葉)」を作っていくワードゲームです。

2015年春のゲームマーケットで YACO PRODUCTS さんより頒布されました。

「ひらがなセンテンス」の内容物
「ひらがなセンテンス」の内容物

内容物は、ひらがなカード+回答シートの束というシンプルさ。カードはマット加工されており、手触りが良いです。

ゲームは、全員が回答シートを用意して【お題】を決めるところから始まります。

回答シートは5×5のマス目があればいいので、適当なもので代用しても良いでしょう。

【お題】は、プレイヤー間で自由に決めましょう。

経験上では「拾ったらテンションが上がる落とし物」や「恋人に求める条件ランキング第12位」のように、大喜利にすると、より面白くなります。

(ひらがなカードには、お題を決める際のサポート用の言葉も書かれているので、ランダムに引いて参考にしても良いでしょう)

「ひらがなセンテンス」のプレイ風景
「ひらがなセンテンス」のプレイ風景

【お題】を決めたら、ひらがなカードを山札から1枚めくります。

全員、公開された1文字を回答シートのマス目に書き込みます。(上記の写真では「た」ですね)

これを5×5のマスがすべて埋まるまで続けるのですが、カードをめくったときにリシャッフルのマークがついていると、捨て札は山札に戻されます。

このため、一度書いた文字を再び使えるケースも多いです。

マス目がすべて埋まったら、それぞれのプレイヤーは、たて・横・ななめの一筆書きで【お題】に沿った言葉を作ります。

完成したものを発表して、全員で投票。もっとも評価の高かった人が勝者です!

シンプルなゲームなのでリモートで楽しめる

「ひらがなセンテンス」はとてもシンプルな紙ペンゲームなので、ウェブカメラ越しのリモートでも楽しめます。

だれか1人がゲームを持っていれば、あとは各自が回答シートとペンを準備するだけで良いです。

YouTubeのライブ配信で視聴者と遊んだりもできそうですね。

ただ、5年前のインディーズゲームなので新品で買うのは難しいです。もし中古で見かけたらおすすめです。

「ひらがなセンテンス」の内容物
カードのデザイン力が高い

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。

基本的に、支離滅裂な言葉になることが多い、バラエティゲームです(笑)

購入できるお店は?

「ひらがなセンテンス」は、駿河屋で中古品を購入できます。

Amazonにも出品はありますが、プレ値になっていることが多いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です