KHMER (クメル)

クメル-エレメンツ 【カードゲームの紹介】

評価

★ ★ ★ ★ ★

基本情報

人数 2人
時間 5-10分
言語依存なし
デザイナーteam SAIEN (賽苑)

ゲームの概要

クメル(KHMER)のボックスアート
クメル (KHMER) のボックスアート

クメル(KHMER) は、2人用の読みあいがシビれるカードゲームです。日本のボードゲーム制作チーム「賽苑」が2010年に発表しました。

ゲームの軸は、変則的な「ブラックジャック」です。互いの手札の合計値を読みあい、タイミングを見計らって勝負を挑みます。

特定のテーマはありません。「Khmer」という単語を調べると、クメール族のことが出てきますが、このゲームのテーマではなさそうです。

プレイの流れ

KHMER (クメル) のプレイ風景
KHMER (クメル) のプレイ風景

クメルは、16枚のカードを使って遊ぶゲームです。内訳は、1~5までが2枚ずつ、6だけが6枚あります。

そのうち、1度のゲームで使うのは12枚です。6枚ずつカードを配り、互いの手札にします。残った4枚は使わないカードとして脇に避けます。

手番では、以下の4つのアクションのうち1つを実行します。

  • 手札のカードを共通の場に出す
  • 手札の6をゲームから取り除く
  • 場の1番上のカードを引き取る
  • ノックする (勝負を挑む)

ノックが実行されたタイミングで、自分のカードの合計値が「場の合計値以下」かつ「相手の合計値よりも高い」と勝利します。

トランプゲームのブラックジャックをイメージすると分かりやすいです。

ブラックジャックは「21」以下の数字で相手の手札よりも大きな数を作るゲームですが、クメルは上限の数がプレイによって変動します。

2手、3手と進むあいだに、自分と場の数を調整し、かつ、相手の手札を予測するのが肝です。

ちなみに、場から引き取ったカードは公開情報になってしまい、しかも再プレイできません。見落としがちですが重要なルールなので注意しましょう。

6ポイント先取マッチがおすすめ

クメルは、追加ルールとして記載されている6ポイント先取マッチがおすすめです。1ゲームに勝利すると2ポイント獲得、先に3ゲーム勝つのが目的になります。

ただ、アクションとして「Fold (降参)」が追加されます。降参でゲームが終わった場合、勝者が受け取るのは1ポイントだけです。

クメルは1ゲームでも読みあいを楽しめますが、ポイント制を導入することで、勝負を降りる駆け引きが生まれます。

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。カードゲームなのでプレイ内容は伝わりづらいですが、オシャレなデザインが写真に映えます。

「エレメンツ」としてリメイクされた

あまり有名ではないですが、クメルはドイツのペガサスシュピーレから「Elements」としてリメイクされています。

そして、そのElementsを日本のアークライトが逆輸入して「エレメンツ 完全日本語版」として発売しているのが現在の状況です。

アートワークDennis Lohausen
版元 / 販売元Pegasus Spiele
アークライト
Ediciones MasQueOca
BGGのページはこちら

クメルという商品名では、いまは流通していないようです。ただ、たまに中古品は見かけるので、プレミアがついているほどではありません。

クメルとエレメンツにルール上の違いはありませんが、エレメンツには勝利点を数えるための星形トークンが入っています。6ポイント先取マッチを遊びやすいです。

アークライトは商品名に「完全日本語版」と書いていますが、言語依存はないので海外版でも遊べます。違いは、ルールブックが日本語かどうかぐらいです。

エレメンツのアートワークは「キャメルアップ」や「アルルの丘」を手掛けたDennis Lohausenです。ユーロ感があり、パッと見では国産ゲームだと気が付かないでしょう。

感想

傑作だと思います。2人でボードゲームを遊ぶときは、だいたいいつもクメルを1~2セット楽しみます。

オシャレなカードも魅力の1つです。タロットタイプの縦長で、和紙のような厚紙で作られています。

サイズが特殊なのでスリーブに入れられない、汚れがつくとゲームに支障が出る、という心配はありますが、私はかれこれ5年ほど遊んでるので耐久性は問題なさそうです。

ちなみに、制作チームの賽苑はクメルを別方向にリメイクした「ガガリオ」というゲームを2016年に発表しています。

残念ながら遊んだことがないのでレビューは書けませんが、ガガリオではカード枚数が12枚に変更されているようです。

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「クメル」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です