評価

★ ★ ★ ★ ★

基本情報

人数 2~4人
時間 45分
言語依存 なし
対象年齢 8歳以上
デザイナー Henrik Berg
Åse Berg
アートワーク Franz Vohwinkel
版元 / 販売元 Hans im Glück
Rio Grande Games
BGGのページはこちら

テーマ

オレゴン(OREGON)のボックスアート
オレゴン(OREGON)のボックスアート

オレゴンは、アメリカの開拓時代を追体験できるボードゲームです。

舞台は、その名の通り、アメリカ西部にあるオレゴン州! グーグルマップで調べると、ココ(↓)です!

西海岸~。ストリートビューで見てみると、こんな感じ(↓)の土地ですね。

自然に恵まれている州です。もちろん現在は都会もありますが……、ボードゲームの「オレゴン」では、まだ開拓が始まる前の荒野が舞台です。

1846年、人々は家財一式を幌馬車に詰め込んで、家族とともにフロンティアを目指しました。草原、砂漠、山々を越えてたどり着いたのが、農業にも狩猟にも適した土地 ―― オレゴンでした。

荷を下ろし、小屋を建てたら、新しい生活が始まります。初めはまっさらな土地だったオレゴンに、少しずつ、郵便局や雑貨屋、教会などが建っていきます。ときには金鉱山が見つかり、鉄道が引かれることもあるでしょう。

便利な集落には自然と人が集まり、活気が生まれます。やがて村になり、街になるでしょう。オレゴンの発展にもっとも貢献した人が勝者です!

難しいルールはないので「まだボードゲームに触れたばかり!」という人におすすめしたい作品です。

ルールの概要

オレゴン(OREGON)のプレイ風景(3人対戦)
オレゴン(OREGON)のプレイ風景(3人戦)

「オレゴン」は、手札を使って、共有のボードにタイルやミープルを配置していくゲームです。

タイルやミープルの置き方によって、勝利点が獲得できます。

オレゴン(OREGON)の手札
オレゴン(OREGON)の手札

それぞれのプレイヤーは、ランダムに配られた4枚の手札を持っています。カードには、西部開拓時代を象徴する絵柄が描かれています。

実は、カードには「建物カード」と「場所カード」の2種類があり、それぞれ別々の山札になっています。2つの山札から引かれた計4枚が手札です。

オレゴン(OREGON)のカード
2つの山札から引かれた計4枚が手札になる

上記の写真では、左の1枚が「建物カード」で、右の3枚が「場所カード」です。ゲーム開始時には、建物カード1枚+場所カード3枚で配られますが、ゲームを通じて割合は変動します。

基本的に、手番にすることは、

  1. 場所カードを2枚プレイする
  2. 場所カードと建物カードを1枚ずつプレイする

のどちらか1つです。手番終了時には、4枚になるように、自分の好きな組み合わせで手札を補充します。

1.場所カードを2枚プレイする

オレゴン(OREGON)のメインボード
オレゴン(OREGON)のメインボード

場所カードを2枚プレイした場合、プレイヤーは、共有のボードに自分の農夫(ミープル)を1つ配置します。

配置する場所は、プレイしたカードの組み合わせで変わります。メインボードの縦列と横列の端には、「場所カード」と同じ絵柄が描かれており、交差するエリアにあるマスが、ミープルの配置可能な場所です。

縦列と横列には同じ絵柄が並んでいるので、例えば「幌馬車」と「ワシ」の2枚を使った場合は、

  • 縦列が幌馬車で、横列がワシ
  • 縦列がワシで、横列が幌馬車

のどちらかを選べます。

オレゴン(OREGON)のプレイ風景(2人対戦)
オレゴン(OREGON)のプレイ風景(2人戦)

農夫(ミープル)は、配置した際の、盤面の状況に合わせて勝利点をもたらします。隣接する建物タイル(斜めを含む)を確認します。

オレゴン(OREGON)のミープル配置例
まだ誰もいないマスに……
オレゴン(OREGON)のミープル配置例
農夫(ミープル)を置く

上記の画像は、緑のプレイヤーが農夫を配置したところです。左に「4」と書かれた「船着き場」があり、右上のマスには「1」と「特殊タイル」の「駅舎」があります。

農夫を置くと、隣接するマスにあるタイルがすべて稼働し、勝利点やそのほかの効果を発揮します。緑のプレイヤーは 「4点」「1点」「特殊タイル」の効果を得られます。

つまり、置かれてあるタイルは全員が平等に活用できるのが、オレゴンというボードゲームの特徴です(カードさえ出せれば)。

栄えている地域には自然と人が集まる作りになっているので「今回はこのあたりが栄えたね~」と、ゲームの度に発展の様子を楽しめます。私はこの感想戦(?)がとても好きです。

2.場所カードと建物カードを1枚ずつプレイする

場所カードと建物カードを1枚ずつプレイした場合、ミープルではなく、建物タイルを配置します。

配置できるエリアは、プレイした1枚の「場所カード」で制限されます。

例えば、場所カード「幌馬車」と建物カード「教会」を使用したなら、縦列か横列が幌馬車になっているエリアに教会タイルを置きます。(交差しているエリアではなく、縦か横のどちらかに絵柄があればOK)

また、建物タイルは、ボードの色と一致しなくてはいけない、というルールもあります。「駅舎」は線路の通っているマスでなければダメですし、山に「船着き場」を置いたりもできません。

オレゴン(OREGON)の金塊と石炭チップ
山に置くタイルでは石炭や金塊チップを獲得

建物タイルを配置した場合も、勝利点の獲得などが発生します。隣接するマスにあるすべての農夫が、置いたタイルの効果を受けます。

つまり、自分の行動によって、ほかのプレイヤーが得をすることもあります!

もちろん、自分の農夫が集まっている場所にタイルを置ければ、1手番で膨大な利益を得ることも可能です!

手札はたった4枚なので、無意味な行動にならないように、上手くコントロールしていきましょう。

特殊タイル(ジョーカーと追加手番)

オレゴン(OREGON)の農夫ミープルと特殊タイル
ミープルと特殊タイル

オレゴンでは、それぞれのプレイヤーは農夫ミープルのほかに、「ジョーカー」と「追加手番」という特殊タイルを持っています。(駅舎などの建物タイルは共有のサプライです)

特殊タイルは表裏に「使用可」「使用不可」が描かれており、自分の手番中に「使用可」を裏返すことで活用できます。

  • ジョーカー:任意の「場所カード」として使用できる
  • 追加手番:もう1度アクションを実行する

「使用不可」になったタイルは、ゲーム中に建物タイルの効果を受けることで、再度「使用可」に戻ります。例えば、駅舎は「追加手番」を「使用可」にします。

ゲーム開始時、2つの特殊タイルは「使用可」の状態です。(公開されているメビウスゲームズさんの和訳ルールでは、ゲーム開始時には「使用不可」でスタートするとされていますが、誤訳です……)

特殊タイルをどのタイミングで使って、どうやって復活させるかが、戦略の鍵になります!

ゲームの終了条件

誰かの農夫がすべてボード上に置かれるか、特定の種類の建物タイルがなくなったら、ゲーム終了の合図です。

手番の回数が同じになるように、スタートプレイヤーの右隣の人までプレイを続けて、最終的な得点計算をします。

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。

共通のボードにコマやタイルを配置していくので「これぞボードゲーム!」という華やかさがあります。難しいルールがないので、ゆるめにボードゲームを楽しみたい人に人気ですね。

感想

とても大好きで、繰り返し遊んでいるボードゲームです。ゲームを通じて、だんだんと土地が栄えていくのが素敵です。

運の要素が強いのでガチガチなゲーマーには物足りないと思いますが、「ボードゲームを遊んでみたい!」という女性に勧めると、わりと響いているように感じます。

また、2~4人が対応人数のうち「どの人数で遊んでも面白い」という数少ない作品というのも評価が高いポイントです。

共通の盤面を使いますが、エリアマジョリティではないので、少ない人数でもちゃんと面白いです。(個人的には2人戦が好きです)

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「オレゴン」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です