「パレオ~人類の黎明~」はどんなボードゲーム?|Paleo

ボードゲームの紹介
スポンサーリンク

基本情報

人数2~4人
時間45~60分
言語依存日本語版が望ましい
対象年齢10歳以上
デザイナー Peter Rustemeyer
アートワーク Dominik Mayer
版元 / 販売元Hans im Glück
アークライト
BGGのページはこちら

テーマ

「パレオ ~人類の黎明~ 完全日本語版」のボックスアート
出典:https://arclightgames.jp/

「パレオ~人類の黎明~」は、石器時代を舞台にした協力型のボードゲームです。

人間が定住する前の石器時代の初め、それは挑戦の毎日でした。食料を探すのは困難で、荒野は常に危険に満ちていました。

求められるのは部族の団結です! プレイヤーたちは、それぞれ、人物カードを2枚持った状態でゲームを始めます。彼らは部族の一員であり、ゲームを通じて増えたり減ったりしていきます。

そして「パレオ」は協力型のゲームです。プレイヤー全員は共通の目標を達成するために動きます! ――それは「洞窟にマンモスの壁画を完成させること」です!

壁画は、知恵の伝承方法を人類にもたらしてくれます。副題にあるように「人類の黎明」を表すものです。もしもマンモスの絵が完成せず、部族が途絶えてしまったら、人類の文明は始まらないでしょう。

危険を乗り越え、食料や道具を確保し、チーム全員を勝利に導きましょう!

ルールの概要

「パレオ-~人類の黎明~」(Palreo)の内容物
出典:https://www.hans-im-glueck.de/

「パレオ」は、朝フェイズと夜フェイズで構成された1日(ラウンド)を繰り返すことで進みます。

昼フェイズでは、プレイヤーはそれぞれ探検する場所を決め、山札からカードを引きます。カードの結果によって、食料や資源を集めたり、道具を作ったりできます。

一転して、夜フェイズは、プレイヤー全員がキャンプに集まるタイミングです。昼間に集めた食料をチーム内で分配します。このとき、食事をとれないキャラクターがいると、どくろトークンを受け取ります。

ゲームの勝利条件は、マンモスの壁画を完成させること。そして敗北条件は、チーム内でどくろトークンを5つ獲得してしまうことです!(どくろは、キャラクターが死亡しても増えます)

昼間にどのような場所に向かうのか? 食料はどうやって分配するのか? 相談は自由です!

ただ「パレオ」の探索は、ドローするカードによって結果が決まります。すべてをコントロールすることはできません! このため、いわゆる「奉行問題」が発生する危険は少なそうなゲームといえます。

奉行問題とは

奉行問題とは、協力型のゲームにおいて「指示を出す人(奉行)」が登場してしまう問題です。指示に従うだけではただの作業になってしまうため、ボードゲームを十分に楽しめなくなる危険があります。

ラウンドの初めにカードが配られて各プレイヤーの山札になる

「パレオ」では、ラウンドのはじめに、なるべく均等になるようカードを配ります。この配られたカードはプレイヤーが昼フェイズで探検可能なデッキ(山札)です。

さらに、このデッキは、探索に使うと同時に、なにかを解決する際のコストとしても機能します。

つまり、なにかしらの行動をするためにデッキをコストとして支払うと、そのラウンド中の行動回数が減っていきます!(自分のデッキが少なくなるため)

コストを支払うのか否か? という選択肢で、昼間の長い時間をどうやって過ごすのかが表現されています。

カードの両面に意味がある

実は「パレオ」のカードは、表と裏の両面に意味があります。

カードの表側には「どんなことが起きるのか?」が描かれています。例えば、食料や石を手に入れるとか、道具を作るとか、傷を負うとかです。よくあるタイプですね。

問題はカードの裏側にもさまざまな絵が描かれていることです! もちろん、配られたときには裏側の絵柄は見えていますし、何だったら自分の好きなタイミングで確認してOKです。

カードの裏側に描かれているのは、川や森、あるいはキャンプ、マンモスといったものです。これは「表側になにが描かれているか?」を示唆しています。つまり、ちょっとしたヒントです。ただし、確実な情報ではありません!

昼フェイズが始まると、それぞれのプレイヤーは、デッキの上にある3枚のうち1枚だけを探索場所として選びます。このとき、裏側のイラストが判断材料になるわけです。

全員がカードを選んだら、いっせいに公開して、順番に解決していきます。このとき、選ばなかった残りの2枚は山札に戻ります。(もしかすると、それらの2枚はコストの支払いに使われて、探索できないかもしれません…!)

全員のカードを解決したら、それぞれのプレイヤーは、新たにデッキ上の3枚から1枚を選びます。

山札がなくなるか、あるいは「パスしたい」と希望すれば、昼フェイズから抜けます。夜を迎え、食料を分配し、あらためて山札を配り直します。

これは、ハッキリ言ってかなり特殊なシステムです!カードが再分配されることで予測が不可能になりますが、そのロストした部分をカードの裏面が補完しようとしています。面白い仕組みです。

公式のプロモーション動画(英語)

版元のHans im Glück社のプロモーション動画(※英語)をご紹介します! とはいえ、ルールについてはほとんど触れていないイメージ映像みたいなものですが…。

「パレオ」には、協力ゲームによくある「キャラクターの体力要素」「素材を組み合わせて道具を作る要素」「ほかのプレイヤーをアシストする要素」などもあります。(プレイヤーの脱落はありません)

しかも10個のモジュールが入っており、組み合わせによってさまざまな展開を楽しめるようです。

記事でおもに紹介したシステムと組み合わさって、どんな仕上がりになっているのか、とても楽しみなボードゲームです!

予約できるお店は?

「パレオ~人類の黎明~ 完全日本語版」の予約受付は、まだ始まっていません。予約スタートしましたら、追記しますね。

※下記のボタンからは、Amazonと駿河屋で「パレオ 完全日本語版」を検索できます。

駿河屋通販でタイムセール実施中!
ボードゲームが最大40%オフ!

コメントする

新作ボードゲーム|注目ランキング

ネメシス 日本語版
ネメシス 日本語版

「ネメシス」は、エイリアンの侵入した宇宙船を舞台にした、半協力型のボードゲームです。SFパニックホラーの傑作映画「エイリアン」シリーズの世界観をそっくりそのままボードゲームに再現した作品ともいえます。

バロニィ:スペシャルボックス 日本語版
バロニィ:スペシャルボックス 日本語版

「バロニィ」は「宝石の煌き」でおなじみのマーク・アンドレ氏が手掛けた傑作陣取りゲームです。「バロニィ:スペシャルボックス」には、拡張セットの「ソーサリー」が同梱されています。

アンマッチド:バトル・オブ・レジェンド Vol.1
アンマッチド:バトル・オブ・レジェンド

「アンマッチド:バトル・オブ・レジェンド」は、さまざまな物語のヒーローがミニチュアになって登場し、決闘する、異種格闘技的なボードゲームです。基本的には2人用のゲームで、互いに1人ずつのヒーローを担当します。

アルマ・マータ ~我らが母校~ 完全日本語版
アルマ・マータ ~我らが母校~ 完全日本語版

「アルマ・マータ」は、初期ルネサンスの大学の振興をテーマにしたボードゲームです。「コインブラ」や「ロレンツォ・イル・マニーフィコ」で知られるデザイナーチームの新作です!

サンクトゥム 日本語版
サンクトゥム 日本語版

「サンクトゥム」は、モンスターを倒しながらキャラクターを強化し、デーモン・ロードを討伐することを目指す「ハック&スラッシュ系」のボードゲームです。

ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版
ラストオーロラ ~希望の船を追って~ 完全日本語版

「ラストオーロラ ~希望の船を追って~」は、気候変動で極寒になった終末世界を舞台にしたボードゲームです。新たなサバイバー(生存者)を獲得し、チームを強化していきながら、デッドレースを繰り広げます!

リネイチャー 日本語版
リネイチャー 日本語版

「リネイチャー」は、汚染された渓谷を自然あふれる状態に復元することをテーマにした、陣取りタイプのボードゲームです。クラマー&キースリングの新作!

アローン 日本語版
アローン 日本語版

「アローン」は、暗闇のなかを探索するプレイヤー1人と、脅威となって襲い掛かる他プレイヤーに分かれて遊ぶ、非対称性のSFサバイバルホラーゲームです。

チャーターストーン 完全日本語版
チャーターストーン 完全日本語版

「チャーターストーン」は、全12回のキャンペーンゲームを通してワーカープレイスメントゲームをつくっていくレガシータイプのボードゲームです。ゲームを繰り返し、開拓が進むにつれて、行ける場所が増え、実行できるアクションが充実していきます。

マリポーサ 完全日本語版
マリポーサ 完全日本語版

「マリポーサ」は、蝶の「渡り」をテーマにしたボードゲームです。ゲームデザイナーは「ウイングスパン」で様々な賞を総なめにしたエリザベス・ハーグレーブ氏。美しいアートワークと、テーマに沿ったゲーム性が魅力です。

タイトルとURLをコピーしました