パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版のボックスアート

パッチワーク:ドゥードゥル【ボードゲームの紹介】

評価

★ ★ ★ ★ ★

基本情報

人数 1~6人
時間 20分
言語依存 なし
対象年齢 8歳以上
デザイナー Uwe Rosenberg
アートワーク Klemens Franz
版元 / 販売元 Lookout Games
ホビージャパン ほか
BGGのページはこちら

テーマ

パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版のボックスアート
「パッチワーク:ドゥードゥル」日本語版のボックスアート

「パッチワーク:ドゥードゥル」は、2人用ゲームとして人気の高い「パッチワーク」を題材にした、大人数で遊べる紙ペンゲームです。

さまざまな形の布をつぎはぎして、見た目の美しいキルトを作り上げましょう。

とはいえ、ドゥードゥル(Doodle)は「いたずら書き」という意味の英語です。

難しいルールはやめ、紙のうえにパッチワーク模様をデザインしていく「いたずら書き」を楽しみましょう!

パッチワーク:ドゥードゥルのセッティング風景
セッティングはシンプル

ルールの概要

「パッチワーク:ドゥードゥル」は、専用のプレイシートにパッチワーク模様を描いていくゲームです。

初めに、プレイヤーはシートを1枚ずつ受け取ります。

パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版のプレイシート
マス目の描かれたプレイシート

簡単にいうと、このプレイシートを指定された図形を使って埋めていくゲームです。シンプル!

指定された図形を全員が使用する

パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版のカード
テトリス風の図形たち

プレイシートを埋めるのは、テトリス風の図形です。

山札を中心に8枚のカードがめくられており、ダイスを振ってミープル駒を移動させ、止まった場所の図形を全プレイヤーが使用します。

図形は、回転させたり、反転させたりしてもOKです!

色鉛筆やマーカーなどを使って、プレイシートに描きこみましょう。

パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版ミープル駒
出っ張りが邪魔…!

1つめの図形だけはプレイヤーごとに違う

「パッチワーク:ドゥードゥル」では、基本的に全員が同じ図形を使用するため「みんな同じ展開になるんじゃないの?」という心配があります。

これを回避するために、各プレイヤーには「スタートカード」というものが配られます。「スタートカード」には、最初の1つめに描く図形が指定されています。

どの「スタートカード」で始まるのかで図形を埋めていく方向性が変わるため、自然と、ほかのプレイヤーと違う展開になります!

得点計算はゲーム中に3回

単にマスを埋めていくだけでは面白みに欠けるので「パッチワーク:ドゥードゥル」では、ゲーム中に3回の得点計算が発生します。

詳しい説明は省きますが、基本的に、より大きな正方形(4×4マス、5×5マスなど)の集まりを作っているプレイヤーは、点数が大きくなります。

反対に、いびつな形になっていたり、穴が開いていたりすると、点数は伸びません。

決算のタイミングは、8枚の図形カードのうち6枚が使用されたら、です。

なるべくおおきなブロックになるように、パズルを楽しみましょう!

パッチワーク:ドゥードゥルの得点計算
得点計算は3回!

ゲーム中に1度だけ使用できる特殊アクションあり

また、ゲーム中に1度だけ使用できる、4種類の「特殊アクション」があります。内訳は以下の通りです。

  • ミープルの隣の図形を選択できる
  • 1マスを埋める
  • 図形の一部をカットする
  • 使用済みの特殊アクションをもう一度だけ使う

特殊アクションは、ゲーム中に、好きなタイミングで使用できます。「いつ、どのように使うか?」の見極めがゲームを盛り上げてくれます。

使用したアクションにはチェックマークを入れるので、間違って2度使ってしまう心配はありません。

ちなみに、使用せずにゲームを終了してもボーナス点にはなりません。気にせず、ガンガン使いましょう!(笑)

パッチワーク:ドゥードゥルの特殊アクション
4種類の特殊アクション

Twitterのプレイ投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。短時間で終わるゲームなので、ちょっとした時間調整に活用する人が多いようです。カラフルなプレイシートが素敵ですね。

感想

個人的には、本家の「パッチワーク」よりも「パッチワーク:ドゥードゥル」のほうが好きです。

色鉛筆でマス目を埋めていると、なんとなく幼少時代を思い出して、なつかしい気持ちになります。「自分のパッチワーク」を作っている感じがあって、とても良いです。

とはいえ、ゲーム性がかなり違うので、本家の“読み合い”が好きな人には物足りないかもしれません。「~ドゥードゥル」は、あくまで、お手軽にパズルを楽しめるゲームですね。

箱絵のプレイ人数が「1~6人以上」と不思議な表記になっているように、基本的に何人でも遊べます。今回は7人で遊びました。シンプルなので、小学生でも楽しめることでしょう。

プレイシートは冊子になっていて、かなり枚数があります。消耗を気にする心配はなさそうです。

ただ、欠点は、付属している色鉛筆の質がイマイチなことです。薄すぎて使い勝手が悪いので、100均ショップで別途購入したほうが良いかもですね。

パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版のゲーム終了時のプレイシート
ゲーム終了時のプレイシート

駿河屋で購入する

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・ボードゲームなどのサブカルやホビーを専門に扱っている通販サイトの駿河屋なら、定価よりも安くアナログゲームを買えること多いです。

「パッチワーク:ドゥードゥル 日本語版」 の商品ページはこちら

駿河屋通販では、いまでは絶版になっていて購入できない中古品や、海外から直輸入された新作も扱っています。ボードゲームに興味がある人は、一度覗いてみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です