王冠

「キングスジレンマ」はどんなボードゲーム?|ホビージャパン

基本情報

人数 3~5人
時間 60分×15ゲーム
言語依存 日本語版が望ましい。
対象年齢 14歳以上
デザイナー Hjalmar Hach
Lorenzo Silva
アートワーク Giorgio Baroni
Giulia Ghigini
版元 / 販売元 Horrible Guild
ホビージャパン
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「キングスジレンマ 日本語版」のボックスアート
出典:http://hobbyjapan.games/

「キングスジレンマ」は、レガシー要素を取り入れた物語体験のボードゲームです。プレイヤーたちの取った選択により、ゲームは分岐し、さまざまな結末に繋がります。

プレイヤーたちは、ラウンドごとに「ジレンマデッキ」からカードを引き、物語を体験していきます。プレイヤーは、アンキスト王国の貴族であり、評議会の一員です。カードには、王に代わって、評議会が解決しなければならない問題が描かれています。

王の側近であるプレイヤーたちの選択は、王国の行く末に大きな影響を与えます。戦争や飢饉、暴動に国を導くかもしれませんし、富や幸福をもたらすかもしれません。

王国に貢献しながらも、プレイヤーたちは貴族として、おのれの家に利益になる行動をしなくてはなりません。

ゲーム中のイベントは1回しか起こらないのです! 政治力をもってほかのプレイヤーと交渉し、ときには買収することも必要でしょう。道徳的につらい決断を強いられる局面もあるでしょう。

キングスジレンマのメインボード
出典:http://hobbyjapan.games/

「キングスジレンマ」の大きな特徴は、ゲームの最中に、カードやステッカー、プレイヤーボードに実際にサインを記入することです。これらのサインにより、コンポーネントには不可逆的な変更が加えられ、ストーリーは新たな局面を迎えます。1回のゲームは、次回以降のゲームに引き継がれていきます。

プレイできるゲーム数には限りがあります。ゲームの展開によって多少の変動はありますが、平均的には約15ゲーム分(60分×15=15時間)が遊べます。

物語が終わったあと、ゲームをリセットして、初めからやり直すことはできません。

結末はだれにも分かりません。たった1度しか味わえない物語体験を堪能しましょう。

「キングスジレンマ 日本語版」のマップ
出典:http://hobbyjapan.games/

公式のプロモーション動画(日本語字幕)

版元のHorrible Guild社のプロモーション動画を載せておきます。英語の動画ですが、日本語の字幕がついています。

購入できるお店は?

「キングスジレンマ 日本語版」は、Amazon・楽天市場・駿河屋で購入できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です