宇宙

「ザ・マインド:エクストリーム」はどんなゲーム?通常版との違いは?

基本情報

人数 2~4人
時間 20分
言語依存 なし
対象年齢 8歳以上
デザイナー Wolfgang Warsch
アートワーク Oliver Freudenreich
版元 / 販売元 Nürnberger-Spielkarten-Verlag (NSV)
アークライト
BGGのページはこちら

ゲームの概要

「ザ・マインド:エクストリーム 日本語版」のボックスアート
出典:https://arclightgames.jp/

「ザ・マインド:エクストリーム」は、ほかのプレイヤーとの無言のシンクロを楽しむ、協力型のカードゲームです。

「フランス年間ゲーム大賞2019」などを受賞し、テレビ番組「ガキの使いやあらへんで」でも遊ばれた傑作カードゲーム「ザ・マインド」の高難易度バージョンです。

手番プレイヤーの概念がなく、全員の持っている手札を数字順になるように場に出していく、ただし言葉や身振りによるコミュニケーションはいっさい禁止、などの基本的なルールは変わりません。

レベルやライフ、手裏剣といった要素もそのままです。

ただ「ザ・マインド:エクストリーム」では、プレイする場が2ヶ所に増えます。

1~50のカードを2デッキ使う

「ザ・マインド:エクストリーム」のプレイ風景
出典:https://pandasaurusgames.com/ (海外版)

もともとの「ザ・マインド」では、1~100のカードをレベルに合わせて配り、昇順、つまり数字が大きくなるようにプレイすることが求められました。

一方「ザ・マインド:エクストリーム」では、カードの数字が1~50に減り、代わりに「白」と「赤」の2種類のカードがあります。そのうえ、プレイする場所が「白」と「赤」で分かれました。(白のカードは白の場に出し、赤のカードは赤の場に出します)

白のカードは「ザ・マインド」と同じように昇順にプレイしていきますが、赤は降順、つまり50から1に向かって小さくなっていくように出します!

プレイの仕方
白のカード
昇順
赤のカード
降順

セッティングの段階では「白」と「赤」のデッキを混ぜて100枚の束にしてしまうので、どのプレイヤーがどちらの色のカードを持っているかは分かりません。

つまり、これでなにが起きるかというと…

「ザ・マインド」の要領でほかのプレイヤーを探っても「あの人はプレイしたいようだが、いったいどっちの色のカードだ?」という、新しい疑問が湧いてきます。

これが「エクストリーム」である第1のゆえんです。

レベル3からはカードが裏向きになる

「ザ・マインド:エクストリーム」のコンポーネント
出典:https://pandasaurusgames.com/ (海外版)

「ザ・マインド:エクストリーム」をさらに難しくしているのは、レベル3から適用される「白のカードを裏向きに出すこと」といったブラインドのルールです!

全員の手札がすべてプレイされるまで、指定されたデッキのカードの成否は確認できません。手札のプレイが終われば、カードを表向きにします。間違った順番で出しているもの1枚につき1ライフを失います。

すべての手札を出し終わるまで順番を確認できないので「本当に白はちゃんと出せているのか?」「このカードって、本当にまだ出さないほうが良い?」と、強い疑惑に襲われることでしょう(笑)

(ちなみに、両方のカードがブラインドになるレベルもあります)

「ザ・マインド:エクストリーム」のコンポーネント
出典:https://pandasaurusgames.com/ (海外版)

Twitterの関連投稿

Twitterの関連投稿をご紹介します。

執筆時は日本語版の発売前ですが、すでに海外版が流通していたため、遊んだことのある人もいるようです。難しそうで、面白そうです!

購入できるお店は?

「ザ・マインド:エクストリーム 日本語版」は、Amazon、または、駿河屋で購入できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です