カナダの自然風景

「ユーコン・エアウェイズ」はどんなボードゲームか?|アークライト

基本情報

人数 1~4人
時間 60~90分
言語依存 なし
対象年齢 14歳以上
デザイナー Al Leduc
アートワーク Eric Hibbeler
David Prieto
版元 / 販売元 Ludonova
アークライト
BGGのページはこちら

ゲームの概要

白夜のなか、静かなフライトで一日を終えることほど満足できるものはありません。

「ユーコン・エアウェイズ」ルールブックより(拙訳)
「ユーコン・エアウェイズ 完全日本語版」のボックスアート
出典:https://arclightgames.jp/

「ユーコン・エアウェイズ」は、カナダのユーコン準州で運行していた水上飛行機をテーマにしたボードゲームです。(「ユーコン・エアウェイズ」というのは実際に営業していた会社の名前です)

プレイヤーは、自分だけの水上飛行機を操縦して、ユーコンのさまざまな場所に乗客を運びます。ダイスドラフトで搭乗者を確保し、チケットカードを使って、地図上のいろいろなところに連れていきましょう。どの土地に連れていけるのかで、1日の最後に得られる収入が変わります。

また、ダイスの色は、その乗客の好みや目的を表しています。赤は登山者、緑は冒険家、ピンクは観光客、青は医者です。ダイスの色と、到着地点にあるキューブの色を一致させることで、あなたの評価は上がり、機体を改良できます!

ただし、自由にどこにでも行けるわけではありません。機体の燃料管理こそ、パイロットの腕前が試されるポイントです。

ラウンド(1日)の開始時、すべてのプレイヤーは、会社のある「ホワイトホース」から水上飛行機を出発させます。乗客と旅程を見極め、移動で使うカードを上手くマネジメントすることで、水上飛行機はより遠くまで飛行できることでしょう。

ゲームは「火曜日」から始まり「日曜日」で終わります(※月曜日はお休みです)。1週間で、もっとも多くのお金を稼いだプレイヤーの勝利です!

使用する飛行機によってスペックが変わったり、目的カードをランダムに使ったりするので、繰り返し遊べるのも「ユーコン・エアウェイズ」の魅力です。

ゲームデザイナーのアル・ルダック氏は、実際にユーコンで幼少期を過ごした人物でもあります。ルールブックには、ユーコンのいまと昔の情景がつづられており、ゲームのテーマに深く入れます。

Yukon Airwaysのコンポーネント
出典:http://ludonova.com/ (海外版)

Twitterの関連投稿

Twitterのプレイ投稿をご紹介します。日本語版の発売前ですが、海外版を入手して遊んでいる方も数名いました。個人ボードの燃料メーターがとても素敵です。

予約できるお店は?

「ユーコン・エアウェイズ 完全日本語版」は、まだ予約受付がスタートしていません。

日本語版を取り扱うアークライトの発表によると、執筆時点ではまだ「2020年8月の発売検討中」とのことです。新しい情報が解禁されましたら、追記しますね。

※↓のボタンでは、Amazon・駿河屋で「ユーコン・エアウェイズ」を検索できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です